現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ > 小説
推し、燃ゆ

推し、燃ゆ [電子書籍版]
宇佐見りん

1位 小説部門 楽天ブックス週間ランキング(2021年04月05日-2021年04月11日)ランキングを見る

1,540(税込)

24時間限定!1,000円OFFゲリラクーポン
24時間限定!1,000円OFFゲリラクーポン

商品情報

  • 著者:   宇佐見りん
  • シリーズ名:  推し、燃ゆ
  • 発売日:  2020年09月10日
  • 出版社:  河出書房新社
  • 商品番号:  4910000110494
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

【第164回芥川賞受賞作】

逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を“解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上しーー。デビュー作『かか』が第33回三島賞受賞。21歳、圧巻の第二作。

商品レビュー(555件)

総合評価
 3.57

楽天Koboのレビュー

  • (無題)
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年02月06日

    今の若者が何を考えているのか、なんとなく垣間見た気がしました。

    0人が参考になったと回答

  • 読みやすさを損なわない、独自の表現世界。
    Tonki
    評価 3.00 3.00
    投稿日:2021年02月02日

    育った環境から精神を病み、肉体にも影響が出るようになった あかりが生きている意味を持たせるものが「推し」であった。
    物語はその「推し」がスキャンダルから衰退、引退していく中で あかり自身も壊れていく。マスコミによる有名人の不倫スクープのように誰も幸せになれない話に感じられ、それが世に求められている時代なのだとすると複雑な気分になった。
    こんな時代だからこそ、空想の世界では幸せな気分に浸りたい派なので★★★とした。
    作品は多くのレヴューにあるように読みやすかった。直喩が多彩で、それらを武器に情景と自分の今受けている感覚がこれでもかと文章になって畳みかけてくるところが面白い。
    印象に残った表現、夜明けの認識はわかりやすく共感できるのに、自分では絶対に思いつかない。
    そこがこの作家の凄さと感じたところだった。
    次作にも期待。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      52ヘルツのクジラたち
      52ヘルツのクジラたち

      町田 そのこ

      1,760円(税込)

    2. 2
      【予約】わたしが幸せになるまで 豊かな人生の見つけ方
      【予約】わたしが幸せになるまで 豊かな…

      吉川 ひなの

      1,540円(税込)

    3. 3
      白鳥とコウモリ
      白鳥とコウモリ

      東野 圭吾

      2,200円(税込)

    4. 4
      syunkon日記 おしゃべりな人見知り
      syunkon日記 おしゃべりな人見知り

      山本ゆり

      1,540円(税込)

    5. 5
      魔力の胎動
      魔力の胎動

      東野 圭吾

      748円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ