桂歌丸口伝圓朝怪談噺

桂歌丸 口伝 圓朝怪談噺 [電子書籍版]
三遊亭圓朝

2,420(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポン&ポイントプレゼント
初めての方へ クーポン&ポイントプレゼント

紙書籍版も取り扱ってます!

楽天Kobo 電子書籍版 桂歌丸 口伝 圓朝怪談噺 2,420円
紙書籍版 桂歌丸 口伝 圓朝怪談噺 2,420円

商品基本情報

商品説明

内容紹介


桂歌丸入魂の圓朝怪談!落語三遊亭派宗家の全面協力による口演の口伝書!


三遊亭圓朝とは、幕末から明治期に活躍した江戸・東京落語界の大名跡。

「芝浜(異説あり)」「牡丹灯籠」「鰍沢」「真景累ヶ淵」など、数多くの名作落語を創作した圓朝は、言文一致の創始者となって、二葉亭四迷等に影響を与える。

現の日本語の祖とも云われる。


「真景累ヶ淵」は圓朝の代表作であるが、現存する速記本は新聞連載のスタイルで編集された一大長編小説で、現在まで落語家の口伝によって伝承されている落語の内容とは異なる部分が多い。

本書は、晩年に「圓朝怪談」の口演に心血を注いだ桂歌丸師匠の口演を元に、三代目落語三遊派宗家・藤浦敦氏の手によって落語本として構成されている。


圓朝怪談の代表作『真景累ヶ淵』(歌丸口伝版全七席)に加え、こちらも名作怪談の『江島屋怪談』(歌丸口伝版全一席)を収録。


著者について


三遊亭圓朝 1839-1900 江戸・東京落語の三遊派の大名跡。落語中興の祖、落語の神様とも云われる。二葉亭四迷が『浮雲』を書く際に圓朝の落語口演速記を参考にしたとされ、明治の言文一致運動に大きな影響を及ぼした。現代の日本語の祖である。作品に、『芝浜』等の人情噺から、『死神』『牡丹灯籠』『真景累ヶ淵』などの現代に伝わる怪談を数多く拵えた。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ