現在地
トップ > 電子書籍 > PC・システム開発 > デザイン・グラフィックス > CG
けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本 [電子書籍版]
ingectarーe

1位 デザイン・グラフィックス部門 楽天ブックス週間ランキング(2024年07月08日-2024年07月14日)ランキングを見る

1,834(税込)

商品情報

商品説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


レイアウトデザインのOK/NGとは?

しゅっとした、洗練された、オシャレなデザインは

読みやすく情報が整理され、余白をうまく使いこなしています。


つまり、

余白があるから、情報が引き立ち、

余白があるから、洗練して見える!

とも言えます。


そして、余白を上手に使ったレイアウトは洗練された印象を与えます。


「余白を作ること」を意識すれば

誰でも今より一歩垢抜けた、オシャレなデザインができる!

本書は余白に注目したデザインレイアウトの本です。


脱・余白恐怖症

余白とは「何もない空白の部分」のことです。

一般的には「白い部分」を指しますが、

レイアウトデザインの場合は

「文字や装飾などが入っていない部分」を余白と捉えることができます。


ある程度レイアウトが組めるようになり、デザインを始めたばかりのころは

余白があるとついつい何かを足したくなってしまいます。

いわゆる「余白恐怖症」です。

余白を埋めるために文字を大きくしたり、

枠の中でぎゅうぎゅうに情報を詰め込んだり。

しかし、それでは読みやすく整理され、洗練されたレイアウトにはなりません。

より伝えたいことを、より伝えるために、

余白を作ることを意識すると、

あなたのデザインはぐっとオシャレに進化するでしょう。


フツーのデザインをオシャレなデザインに

「フツーのデザインはできるけど、プロが作ったようなオシャレなデザインができない」

「何かが違うのかはわかるけど、どこをどう修正すればいいかわからない」

本書では、デザイン初心者に「あるある」な悩みと解決方法を

さまざまなジャンルの作例を用いて紹介しています。

余白のとり方やレイアウト、配色、フォント選びなど、ぜひ参考にしてください。


商品レビュー(44件)

総合評価
 4.23

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:PC・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ