現在地
トップ > 電子書籍 > PC・システム開発 > プログラミング > Java
イラストでわかるDockerとKubernetes

イラストでわかるDockerとKubernetes [電子書籍版]
徳永航平

2,508(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   徳永航平
  • シリーズ名:  Software Design plus
  • 発売日:  2020年12月05日
  • 出版社:  技術評論社
  • 商品番号:  9784297118389
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

(概要)

Dockerとkubernetesは、Webだけでなくさまざまなシステムで利用されています。仮想化とは違うので、エンジニアの皆さんもそのメリットをどう活かしていくのか悩ましいところです。本書は、Dockerとkubernetesのしくみを大胆にイラスト化しました。視覚的に理解することができるので、その技術の本質を理解しやすくなります。各所でコマンド入力を利用して。Dockerとkubernetesの動作もしっかりわかるようになります。


(こんな方におすすめ)

・Dockerとkubernetesのしくみを根底から知りたい方、理論をしっかり理解したい方、インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、システムエンジニア、プログラマなど


(目次)

第1章 コンテナ技術の概要

1-1 コンテナを見てみよう

1-2 コンテナ技術の基本的な特徴

1-3 本書で注目するDockerとKubernetes

第2章 Dockerの概要

2-1 DockerによるBuild、Ship、Run

2-2 コンテナのレイヤ構造

2-3 DockerのアーキテクチャとOCIランタイム

2-4 まとめ

第3章 Kubernetesの概要

3-1 Kubernetesの特徴

3-2 Kubernetesクラスタとkubectl

3-3 Kubernetesにおける基本的なデプロイ単位

3-4 KubernetesにおけるPod群のデプロイにまつわるリソース

3-5 設定項目やボリュームに関するリソース

3-6 Kubernetesにおけるサービスディスカバリ

3-7 KubernetesのPodとCRIコンテナランタイム

3-8 まとめ

第4章 コンテナランタイムとコンテナの標準仕様の概要

4-1 コンテナランタイムと2つのレイヤ

4-2 いろいろな高レベルランタイム

4-3 いろいろな低レベルランタイム

4-4 OCIの標準仕様

4-5 runcを用いたコンテナ実行

4-6 実行環境作成に用いられる要素技術

商品レビュー(3件)

総合評価
 4.0

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:PC・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ