現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > 産業 > その他
ポール・ローマーと経済成長の謎

ポール・ローマーと経済成長の謎 [電子書籍版]
デヴィッド・ウォルシュ

3,080(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   デヴィッド・ウォルシュ
  • 訳者:   小坂 恵理
  • 発売日:  2020年01月28日
  • 出版社:  日経BP
  • 商品番号:  4660009988710
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

●2018年ノーベル経済学賞受賞者ポール・ローマーの画期的な経済成長論をめぐる物語


●『大停滞』などで知られる経済学者タイラー・コーエンが激賞!

「偉人としてのポール・ローマーにスポットを当てた本としては、ウォルシュのこの本がある。科学読み物としても伝記としても非常に優れた作品」


「1990年10月、シカゴ大学の経済学者である36歳のポール・ローマーが主要学術雑誌に経済成長の数学的モデルを発表すると、2世紀以上にわたって正式には認められず日陰の存在だった知識経済学が、ようやく脚光を浴びるようになった。この論文には、簡単そうにも難解そうにも受け取れる『内生的技術変化』(Endogenous Technological Change)というタイトルがついていた。」(本書序章から)


技術革新を経済成長論に取り込んだことで2018年にノーベル経済学賞を受賞したのがポール・ローマー。この経済学者としては異色の生き方をしたローマーを縦糸に、アダム・スミス『国富論』以来の「謎」として残された「ピン工場」と「見えざる手」の矛盾、その後の経済学では「収穫逓増」と「収穫逓減」の対立をめぐる経済成長論の変遷を横糸として、経済理論をめぐる古今の経済学者の人間劇を描く。


登場する経済学者はノーベル賞のスターらがずらり。ロバート・ソロー、ロバート・ルーカス、ポール・クルーグマン、ポール・サミュエルソン、ケネス・アロー、宇沢弘文らだ。解説は、ローマーのロチェスター大学時代に師事した佐々木宏夫・早稲田大学教授。

商品レビュー(2件)

総合評価
 

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      本当の自由を手に入れるお金の大学
      電子書籍本当の自由を手に入れるお金の大学

      両@リベ大学長

      1,210円(税込)

    2. 2
      ウォールストリート流 自分を最大限「運用」する方法
      電子書籍ウォールストリート流 自分を最大限「運…

      高橋ダン

      1,300円(税込)

    3. 3
      ゼロからはじめる副業生活 完全攻略マニュアル
      電子書籍ゼロからはじめる副業生活 完全攻略マニ…

      スタジオグリーン編集部

      200円(税込)

    4. 4
      世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド
      電子書籍世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ…

      八木 仁平

      770円(税込)

    5. 5
      1%の努力
      電子書籍1%の努力

      ひろゆき

      1,485円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ