現在地
トップ > 電子書籍 > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > 医学
東大教授、若年性アルツハイマーになる

東大教授、若年性アルツハイマーになる (介護ライブラリー) [電子書籍版]
若井克子

1,001(税込)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

商品説明

内容紹介

元脳外科医で、最高学府の教授でもあった夫・若井晋。

その彼が若年性認知症になるとき、本人は、そして家族は、どうしたのか。


長い苦悩をへて病を受け入れ、新たな道へと踏み出した

夫婦の軌跡を、妻・若井克子が克明に描き出す。


●当事者・若井晋が語る「認知症の人から見た世界」とは?

「最初は『何でだ』と思っていました」

「けれども私は私であることがやっとわかった」

「私が見ている感じと、みなさんが見ている感じが違うんです」

「僕の住んでいる世界は、たいへんなんだよ」

「『大変だったなあ』と一言、言ってくれればよかった」


【著者・若井克子の言葉・・・本文より】

晋は若年性アルツハイマー病になって、知識を、地位を、職を失った。

それは、世間からは「地獄」に見えるのかもしれない。

だが私には、むしろ、すべて失ったことで「あるがまま」を得て、

信仰の、人生の本質に触れたように感じられるのだ。


病は人生の一過程に過ぎない。認知症になっても、私は私であることに変わりはないーー。

認知症患者800万人時代を生きるための必読書がここに!


商品レビュー(9件)

総合評価
 4.0

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ