現在地
トップ > 電子書籍 > ミステリー・サスペンス

黒牢城 (角川書店単行本) [電子書籍版]
米澤 穂信

1,760(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   米澤 穂信
  • レーベル:  角川書店単行本
  • 発売日:  2021年06月02日
  • 出版社:  KADOKAWA
  • 商品番号:  4330116900310
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の到達点。『満願』『王とサーカス』の著者が挑む戦国×ミステリの新王道。

商品レビュー(267件)

総合評価
 3.99

楽天Koboのレビュー(2件)

  • (無題)
    坂枝圭
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年04月21日

    著者初の時代ミステリ.年末の各種ミステリ・ランキングや直木賞受賞などの高評価に違わぬ出来映えだ.
    各章の表題が示すように,籠城の冬から季節ごとに難事件が次々と発生した.いずれも籠城戦の行方を左右しかねない要因を持っていたので,敵方であるはずの官兵衛に村重が謎を解くよう求める経緯も了解できる.家老の荒木久左衛門でさえ,史実からすると相談できる相手ではないのだから.
    各章は独立したミステリの態をなし,密室物や被害者探しなど多彩だが,完成度は第3章が最も高いと思う.各事件はそれなりに解決した.しかし,拾い残された伏線もあって疑念を持ちつつ読み進めたのだが,それらは最終章で見事に回収され,長編ミステリとして成立する.また,村重との緊張感たっぷりの駆け引きに隠された,官兵衛の深淵な意図が終盤に明かされるくだりにも納得できた.
    以前から荒木村重を謎の多い戦国武将だと私は思っていた.なぜ信長に謀反したのか? なぜ官兵衛を殺さずに幽閉していたのか? なぜこのような最期を遂げたのか? これらの疑問に著者は解答を用意してくれていて,実は史実がこうだったのではないかとさえ思わされた.
    一人称で書かれることの多い著者の先行作品群と異なり,本書は三人称で書かれた.視点は村重に限定していて,これは安楽椅子探偵物という特性上必要だったのだろう.本作で成功を収めた著者は今後,時代ミステリを書き進めていくのだろうか?

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    marugen5_111
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年02月05日

    私は歴史好き。作家が地元の人なので、親しみが湧きます。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年05月16日 - 2022年05月22日)

     電子書籍:第2361位(↓) > ミステリー・サスペンス:第27位(↓)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ミステリー・サスペンス

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      流浪の月
      電子書籍流浪の月

      凪良ゆう

      800円(税込)

    2. 2
      本と鍵の季節
      電子書籍本と鍵の季節

      米澤穂信

      792円(税込)

    3. 3
      同志少女よ、敵を撃て
      電子書籍同志少女よ、敵を撃て

      逢坂 冬馬

      2,090円(税込)

    4. 4
      白夜行
      電子書籍白夜行

      東野圭吾

      1,430円(税込)

    5. 5
      慈雨
      電子書籍慈雨

      柚月裕子

      770円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ