現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 社会 > 家族・人間関係
つながりっぱなしの日常を生きる:ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの

つながりっぱなしの日常を生きる:ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの [電子書籍版]
ダナ・ボイド

1,980(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   ダナ・ボイド
  • 訳者:   野中モモ
  • 発売日:  2015年07月21日
  • 出版社:  草思社
  • 商品番号:  4920128000018
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

ネットなしには生きられない時代の必読書。待望の邦訳!

「デジタルネイティヴなんて、幻想だ」ーー。


ネットでつながる若者の生活をたどってみると、

ソーシャルメディアに関する俗説は、次々と覆される!


本書は、若者メディア研究の第一人者ダナ・ボイドが、若者、親、教育関係者を含む、

166人のインタビューからソーシャルメディア利用の実態を読み解くもの。


若者たちを観察してみると、

ネットにはまっているわけでも、ヘンなことばかりしてるわけでもなく、

親や教師が顔をしかめる“ネットの問題”は、

大人の窮屈な監視をかわすための処世術だったり、

現実空間で仲間とつるむ場がないからネットに向かっていたり……、

ネットでつながる事情はなかなか複雑です。


そんな、つながりっぱなしの若者たちの実情に深く迫ることで、

じつは、わたしたちのネットとの付き合い方も透けて見えてきます。


[目次より]


1 アイデンティティ/なぜ、若者はネットでよからぬことをしているように見えるのか?


2 プライバシー/なぜ、若者はネットであけっぴろげにしてしまうのか?


3 中毒/何が若者をソーシャルメディアにはまらせてしまうのか?


4 危険/性犯罪者は、そこらじゅうをうろついているのか?


5 いじめ/ソーシャルメディアは、意地悪や残忍な行為を増幅するのか?


6 不平等/ソーシャルメディアは、ますます社会の分断や格差を広げるのか?


7 リテラシー/デジタルネイティヴは、幻想だ。


8 パブリック/若者にとっての公はどこに?

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.38

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ