現在地
トップ > 電子書籍 > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > 医学
新型コロナが本当にこわくなくなる本医学・政治・経済の見地から“コロナ騒動”を総括する

新型コロナが本当にこわくなくなる本 医学・政治・経済の見地から“コロナ騒動”を総括する [電子書籍版]
井上 正康

1,144(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   井上 正康松田 学
  • 発売日:  2021年05月20日
  • 出版社:  方丈社
  • 商品番号:  4524908925760
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

未だおさまらない新型コロナウイルス騒動をどうとらえればいいのかーー。


PCR検査は本当に必要なのか。やっと始まった新型コロナウイルスのワクチンに本当に安全なのか。著書『本当はこわくない新型コロナウイルス』(小社刊)で新型コロナウイルスの「正しい怖がり方」を説いた井上正康氏(大阪市立大学名誉教授)が医学的見地からコロナの知見を展開。

さらに、松田学氏が新型コロナ騒動で大きく様変わりした日本の政治、経済、メディアなどの社会現象の舞台裏を鋭く分析し、二人の対論としてここまでの新型コロナウイルスに対する考え方を紹介する。

商品レビュー(5件)

総合評価
 3.6

楽天Koboのレビュー(1件)

  • (無題)
    購入者さん
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年09月18日

    新型コロナやコロナワクチン について、明らかに偏ったマスコミの報道姿勢に不信感を持ち続けています。
    かといってネット上の情報は玉石混淆であり、そのなかから的確な情報を得ることはなかなかたいへんです。的確な情報を得られず恐怖心だけがあおられると、冷静に合理的な判断ができなくなってしまうことがあります。マスコミはそれを助長しているように思います。
    この本のなかで井上先生が書かれている部分では、今のところわかっている新型コロナ感染症のメカニズムを素人ながらある程度、理解できました。そして、科学にもとづいた俯瞰的な見方で現状を理解することの大切さもわかりました。
    感染対策については、緩める方向の考え方が書かれていましたが、自分はまだそこまでは割り切れないところがあります。
    現状を理解するための的確な情報が得られる良い本だと思います。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・医学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      ジェイソン流お金の増やし方
      電子書籍ジェイソン流お金の増やし方

      厚切りジェイソン

      1,320円(税込)

    2. 2
      LIFESPAN(ライフスパン)
      電子書籍LIFESPAN(ライフスパン)

      デビッド・A・シンクレア

      2,640円(税込)

    3. 3
      脳卒中治療ガイドライン2021
      電子書籍脳卒中治療ガイドライン2021

      日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会

      8,800円(税込)

    4. 4
      コンクリート技士・主任技士 合格テキスト&過去問 2021年版
      電子書籍コンクリート技士・主任技士 合格テキス…

      渡部正

      1,980円(税込)

    5. 5
      その悩み、哲学者がすでに答えを出しています
      電子書籍その悩み、哲学者がすでに答えを出してい…

      小林昌平

      1,705円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ