現在地
トップ > 電子書籍 > 美容・暮らし・健康・料理 > 生活の知識
大日本共栄圏の盛衰太平洋沿岸には分かち合いと自由があった~繁栄と破滅、そして今の世界へ繋がる希望の物語~

大日本共栄圏の盛衰 太平洋沿岸には分かち合いと自由があった ~ 繁栄と破滅、そして今の世界へ繋がる希望の物語 ~ [電子書籍版]
ワヤナタ

1,000(税込)

商品情報

  • 著者:   ワヤナタ
  • 発売日:  2024年02月07日
  • 出版社:  ワヤナタ
  • 商品番号:  1230007317521
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

既に凍結状態にあるパラレルワールドにおいて、一つの理想形としての「分かち合い」社会がどのようなものであって、どのように破滅したのかの流れを追っていきたいと思います。


そこでは日本を中心として太平洋沿岸の地域を包括した共栄圏が存在しており、その中の領域では分かち合いが実現されていて、人々は幸せに暮らしていました。自発的にそれぞれの人が自分の役割を果たしていたのです。共栄圏の中に関しては飢えがありませんので、各自の好意によってお互いに助け合って活動することが基本になっていました。


その共栄圏がどのような経緯で生まれ、そして、やがては凍結状態になるに至ったのか、その経緯を見ていきたいと思います。


そして、その見解を元に、現在の世界をどのようにして行けば良いのか方向性を示したいと思います。


【もくじ】


まえがき

大日本共栄圏

織田信長の魂が日本に来た経緯

ジャンヌの魔女的な中間部分

ジャンヌの火炙りで苦しんだ部分

織田信長が譲り受けた小人

最初の人生では、織田信長は桶狭間で捕えられて戦に負けた

最初は、信長による家康の扱いも酷かった

平手 政秀から諭される

パラレルワールドをリセット、人生をやり直す

桶狭間で負けたことにより、誰が裏切り者かを知る

織田信長が父・信秀の葬儀で抹香を投げた理由

織田信長が家臣に告げずに桶狭間の戦いに臨んだ理由

敵に内通している者が桶狭間に行くのを執拗に止めさせた

桶狭間で、敵に気付かれないように神が嵐を呼んだ

桶狭間へと続く道

2回目のパラレルワールドでは、本能寺で焼き討ちに合う

再度、やり直して本能寺を回避する

食料の分かち合いシステムが作られた経緯

比叡山の焼き討ち

明智光秀が代理で天下統一した

織田信長が蝦夷併合をしてアイヌを優遇した

蝦夷問題

太平洋の探索を指示する

信長がローマ教皇を言いくるめたお話

内憂を海外からの脅威への警戒感で和らげる

アメリカ西部を守るために武士を派遣したお話

アメリカンインディアンの次期酋長を信長が呼んだお話

アメリカンインディアンの次期酋長の若者に夜の接待をしたお話

アメリカンインディアンの次期酋長の若者が相撲で余興をしたお話

共栄圏でのアメリカ西海岸の繁栄

豊かなアメリカ西海岸

共栄圏の外側は奴隷が存続する地獄だった

共栄圏での住民代表システム

共栄圏での大統領システム

共栄圏における日本列島

戦争をする条件

戦争勃発の危機

中国の共栄圏への参画

共栄圏の、平和すぎる日々

戦争、そして地球の滅亡

日本はどうして戦争をして原爆を落とされたのか?

地球が滅亡しなければラッキー、くらいに思っていた方が良い

ライトワーカーが支配者層の懐に飛び込めば地球は良くなる

支配できない世界であれば破壊してしまえ、という本音

ヨーロッパが吹き飛んでいるパラレルワールドが復活する可能性

自然の資源は取りすぎないのが原則

分かち合いシステムが共栄圏で作られた経緯

救世主、というのは支配者たちにとっての救世主(メシア)

支配者たちは救世主(メシア)を待ち望んでいる

民主主義で国民主権の時代になったなんてのは嘘

支配者層が街に出て交流することはそれほどなかった

支配者がいるからこそこの世界が劇的に良くなる可能性がある

スピリチュアルで支配者がいなくなる、という嘘と罠

スピリチュアル・レベルの高い指導者を人々は望んでいる

昔ながらの支配者層は、言うほど悪い人たちではない

ライトワーカーが闇の支配者を光に導くことで地球が存続する

共栄圏を教訓にした現代への指針

国民が動くならば無料に近い

ただの紙切れの紙幣で国が侵略されている

富の蓄積と日本的な価格安定志向が理想の未来の1つ

お金から自由になるより大切なこと

職業が固定化される時代

デフレと不動産価格上昇は分かち合い社会への資金石

分かち合い社会になるパターン

既存の経済社会が継続するパターン

貧困を単に解決しただけでは更に生きにくい世界になる

意識の分離により地球が滅びた

地球の管理者は遠い昔から地球を見守ってきた

狭い社会で不自由ない暮らしをしていると勘違いすることがある

資本主義社会は、過分な「分かち合い社会」よりも良い面がある

地球の管理者は、不満があって前のタイムラインを破棄した

地球の管理者は大師やライトワーカーの元締め

人々が堕落しなければ分かち合いの社会の継続が許可される

パラレルワールドの時系列

神様の検討

共栄圏のパラレルワールドの復活

パラレルワールドを作り直す可能性

彼は、そのために、勉強をやり直す

そのパラレルワールドでは、桶狭間や本能寺を回避する

徳川家康と密約をする

能登半島、七尾城を上杉謙信から死守する

室町幕府を、名誉と共に終了させる

信長を「国王」として天皇に命名を依頼する

ローマ教皇と国交を結ぶ

権威を得た信長

国内の平定は明智光秀に権限移譲

明智光秀を、土地を持たない最初の武将として任命する

国土の地理調査

アメリカ西半分の平定

食料の分かち合いシステムの確立

秀吉殿は農林水産省の大臣に就任

紙幣化の推進

外務省の設置

教育改革

科学技術の発展

タービンによる動力の活用

反射炉による鉄の精製

軍隊は柴田勝家に集約

ポトシの銀鉱山

法治国家へ変革

男女平等

エルサレム(イスラエル)と共栄圏

神様の代理人による、エルサレムでの提案

新たなエルサレム国家の姿

エルサレムの交渉のために、彼はあらかじめ、とある団体の一員となる

エルサレムの交渉を、とある人が行ったことにしてもらう

信長と女にまつわるお話

ジャンヌは信長の肉体を自由に作り替えた

信長の屋敷に出入りしていた遊び人の老武士

濃姫との初夜で大失敗する

信長、女を学ぶ

信長、他の武将が手引きした女を抱く

信長、お気に入りの女を抱く

信長の子供を作ることで、屋敷が貰える

信長、濃姫にリベンジする

信長、濃姫と子供を3人作る予定

今後、共栄圏を転生先として選べるようになる

そのために、今、必要なこと

あとがき


(約12万文字)


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ