現在地
トップ > 電子書籍 > ミステリー・サスペンス
ふたたび嗤う淑女

ふたたび嗤う淑女 [電子書籍版]
中山七里

1,584(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   中山七里
  • 発売日:  2019年01月25日
  • 出版社:  実業之日本社
  • 商品番号:  5591220569990
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

史上最恐度No.1、あの悪女が還って来た!? どんでん返しの帝王が放つ衝撃の連鎖! 類い稀な話術で唆し、餌食となった者の人生を狂わせる「蒲生美智留」が世間を震撼させた凶悪事件から三年。「野々宮恭子」と名乗る美貌の投資アドバイザーが現れた。国会議員の資金集めの隠れ蓑として立ち上げられたNPO法人の事務局長、不穏な社会情勢を背景に信者を集め、その財産を狙う宗教法人の副館長……金に操られる人々を次々と餌食にするこの女の正体とは? 金と欲望にまみれた“標的”の運命を残酷に操るダークヒロイン。史上最恐、完全無欠の「悪女ミステリー」。ノンストップミステリー『嗤う淑女』を超える衝撃作。待望の続編、ついに降臨!

商品レビュー(44件)

総合評価
 3.26

楽天Koboのレビュー(1件)

  • 現代風寓話
    ブタタマンテ
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2019年05月30日

    ネタバレを含みます
    蒲生美智留は人ではなく、人間が増幅させた承認欲求が生み出した妖怪、もののけの類だという解釈もできるんじゃないでしょうか。私はグリム童話や御伽草子などの寓話の現代版を読んでいるような新鮮な感覚がしました。麻生さんのような”ただの人間”が彼女を捕縛することは不可能なのでしょう。”嗤う淑女” ”神崎亜香里” ”野々宮恭子” ”蒲生美智留”アナグラムじゃないかな?と考えましたが答えは未だ謎のまま
    中山先生のファンなら比較的容易に予想できたどんでん返しでしたが、次への期待が持てるラストでした。そろそろ討伐の騎士が出てきてほしいところ。渡瀬さんか、犬養くんか、それとも……
    意外とあっさり囚われの身になり、そこから渡瀬&岬検事VS蒲生&御子柴タッグのリーガル・サスペンスへと発展したら面白いだろうななんて考えると楽しいです。さすがにないかなあ

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ミステリー・サスペンス

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      変な家
      電子書籍変な家

      雨穴

      1,400円(税込)

    2. 2
      同期
      電子書籍同期

      今野敏

      99円(税込)

    3. 3
      兇人邸の殺人
      電子書籍兇人邸の殺人

      今村昌弘

      1,800円(税込)

    4. 4
      壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課
      電子書籍壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課

      堂場瞬一

      99円(税込)

    5. 5
      贖罪の奏鳴曲
      電子書籍贖罪の奏鳴曲

      中山七里

      99円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ