現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ > ホラー
アシッド・ヴォイド

アシッド・ヴォイド [電子書籍版]
朝松健

770(税込)

商品情報

  • 著者:   朝松健
  • 発売日:  2022年10月21日
  • 出版社:  アドレナライズ
  • 商品番号:  4920800002057
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

黒スーツに黒ネクタイ、黒いソフト帽を被ったその男からは、ひどい硫黄臭が漂ってきた


 扉の隙間から、炎に包まれた触手が、何本となく突き出される。それは元龍に力を貸すかのように、扉に貼り付き、引いていった。扉が半分開かれる。向こうのものの姿が、ぼくの瞳を貫き、眼底に灼きついた。「ふんぐるい、むぐるわなー・くとぅぐあ・ふぉまるはうと……」耳を覆いたくなるような、粘液性の声をあげて、それは扉をさらに開こうとしている。それの姿は……強いて表現するならば、生きている溶岩……光球の群れで作られた人間のようなもの……炎の触手をのたくらせている蛸……。(「十死街」より)

 ラヴクラフトへの想いに満ちた初期作品から、ウィリアム・バロウズに捧げた書き下ろし作品まで。クトゥルー神話を先導しつづける、朝松健の粋を集めた傑作短篇集。


*星の乱れる夜

*闇に輝くもの

*ゾスの足音

*十死街

*空のメデューサ

*球面三角

*Acid Void New Fungi City


●朝松健(あさまつ・けん)

1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、かつて誰も書かなかった〈異形の戦場〉と化した京都を描いた『血と炎の京』で高い評価を得ている。


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】【サイン本】明智恭介の奔走
      【予約】【サイン本】明智恭介の奔走

      今村 昌弘

      1,870円(税込)

    2. 2
      実は、拙者は。
      実は、拙者は。

      白蔵盈太

      759円(税込)

    3. 3
      成瀬は天下を取りにいく
      成瀬は天下を取りにいく

      宮島 未奈

      1,705円(税込)

    4. 4
      リーマンの牢獄
      リーマンの牢獄

      齋藤 栄功

      2,200円(税込)

    5. 5
      クスノキの女神
      クスノキの女神

      東野 圭吾

      1,980円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ