現在地
トップ > 電子書籍 > PC・システム開発 > その他
VMwareの基本仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる

VMwareの基本 仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる [電子書籍版]
中島淳之介

2,728(税込)

商品情報

  • 著者:   中島淳之介小原光弥豊原啓治
  • 発売日:  2014年01月07日
  • 出版社:  技術評論社
  • 商品番号:  9784774162492
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

クラウド時代にはもはや欠かせない仮想化技術のトップシェアを誇るVMwareのいちばんやさしい入門書。VMware社のエンジニアが,設計・構築・運用まで,現場で考えるべきこと,実践すべきことをコンパクトに凝縮しました。新バージョンであるvSphere 5.5に対応。VMwareのマスターはこの1冊から!(目次)第1章 仮想化とは?1-1 何のために仮想化するのか 仮想化がコスト削減効果を生む システムのライフサイクルを長期化できる 高い可用性が災害対策にもつながる 仮想化がクラウドへの第一歩になる1-2 仮想化で「できない」と思われている7つのこと パフォーマンスが出ない コスト削減ができない 耐障害性が低い アプリケーションのサポートがない 運用が複雑になる トラブル時の切り分けが難しい 調達期間や組織が異なる コラム 仮想マシンの隔離性とは?第2章 グランドデザイン(要件定義) 2-1 仮想化の目的を明確にする 要件定義マトリックスとは 論理分割とは サービスレベルを保証する プロビジョニングを自動化する 運用監視の理想像とは 実現範囲を決めるには2-2 グランドデザインに適用する 製品パッケージ「vCloud Suite」の概要 運用監視のためのセットライセンス「vSphere with Operations Management」 コラム ADの仮想化第3章 選定・設計のポイント3-1 物理ホストを設計する サイジングの基礎情報をおさえる 物理ホストのサイジングを検討する サーバータイプを検討する CPUを選択する CPUソケット数やコア数を検討する メモリ搭載容量の意味とは3-2 クラスタを設計する vSphere HAを設定する クラスタの設計指針とは3-3 仮想マシンを設計する 仮想マシンの可用性とは アプリケーションの障害をトリガーにするには より可用性を高めるには3-4 ネットワークとセキュリティを設計する 性能を決めるには セグメントの要素とは 管理 チーミングとフェイルオーバーを設定する セキュリティを検討する3-5 ストレージを設計する 容量を算出する 性能を算出する 新機能のVMware vSphereR Flash Read Cache?とは データストア・トポロジタイプとは トポロジを選ぶ 仮想マシンストレージポリシーとは 性能・容量を最適に配置する3-6 バックアップを設計する ESXi構成情報をバックアップする 仮想マシンのバックアップを設計する ソフトウェアベースでリモートサイトに複製する3-7 移行方法を検討する 仮想化の対象を検討する 可用性を検討する 移行方法を検討する3-8 vCenter Serverを設計する サイジングを検討する 便利なコンポーネントとプラグインとは 自動化も可能に コラム サイジングシートの使い方第4章 事前テストとトラブルシューティング・運用4-1 事前テストとは 事前テストでチェックすることとは4-2 トラブルシューティングを円滑に進めるには 障害を切り分ける 状態・イベント監視を設定する ESXiホストを監視する 診断データを収集する データストアの残りキャパシティの確認方法 パフォーマンスを監視する リアルタイムで監視するには4-3 陥りがちなトラブル例を知る vMotionができない 不用意なvCPUの割り当てで取り合いが発生する ハイパースレッディングがオンになっていない 管理ポートは別ネットワークにすべき ネットワークの論理的な冗長化のみでは,無意味 データストアに多すぎるVM数を置くことで性能が劣化する ストレージへのマルチパスポリシーが不適切 不要なスナップショットの作成が容量を圧迫する 不適切な仮想マシンの構成によって,性能が発揮できない 原因把握後の対策とは4-4 一歩進んだ運用管理アプローチ トラブルを解決する2つのアプローチとは ツールで仮想基盤全体を把握できる 動的しきい値で監視する 仮想基盤のキャパシティ管理とは 仮想マシンのキャパシティを効率よく管理する コラム ゲストOSの時刻はなぜずれるのか?第5章 災害対策と仮想デスクトップ5-1 仮想化における災害対策とは 事業継続性で注目を集める 物理環境での災害対策の課題とは5-2 仮想デスクトップ(VDI)を検討する 仮想デスクトップとは 仮想デスクトップはいろいろな環境で使える 場所や目的に応じて端末を選べる パッチ管理が容易になる アプリケーション仮想化のメリットとは PC運用を改革できる 仮想デスクトップ導入のコストを考えるコラム インベントリ情報の検索


商品レビュー(1件)

総合評価
 

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:PC・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ