現在地
トップ > 電子書籍 > 美容・暮らし・健康・料理 > 生活の知識 > 保険
図解即戦力建設業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書

図解即戦力 建設業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書 [電子書籍版]
降籏 達生

1,650(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   降籏 達生
  • シリーズ名:  図解即戦力
  • 発売日:  2020年08月26日
  • 出版社:  技術評論社
  • 商品番号:  9784297112363
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

(概要)

**※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。※PDF版をご希望の方は Gihyo Disital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2020/978-4-297-11236-3 )も合わせてご覧ください。****2021年に開催予定のオリンピック・パラリンピックや各地で起こる災害の復興需要に沸く建設業界。その市場規模(建設投資額)は60兆円、46万8千社、就業者数503万人という巨大産業です。ここ10年で建設投資額は10兆円ほど増加している一方、深刻な人手不足に見舞われています。技能者ばかりでなく資格が必要な施工管理技士(現場監督)が不足しており、海外からの労働者では賄えない状況に取り組むため、建設テックなどのITシステムを積極的に導入。本書では建設業界を土木と建築に大別し、巨大かつ重層的な産業の全貌やそれぞれのビジネスモデル、儲けのしくみを理解します。さらに、分業化された各業界で働く人の仕事内容や必要な資格などを知ることができます。2020年以降の業界展望を紐解く政策や法令の概要から、インフラや公共施設の老朽化対策など身近な問題まで、就活生はもちろん、新たなビジネスチャンスを探している人にも、気になる業界の最新動向がわかります。


(こんな方におすすめ)

・建築/土木/住宅業界に就職・転職を考えている人

・建築/土木/住宅業界と取引・協業したい事業家

・建築/土木/住宅業界の現在(いま)を知りたい人


(目次)

Chapter1 建設業の役割と概要

  01 建設業の3つの役割とは

  02 人手不足と高齢化による業界の現状

  03 社会資本の維持、発展のため増え続ける事業量

  04 多様な人たちが活躍する現場

  05 業務の平準化の取り組み

Chapter2 建設ビジネスのしくみ

  01 建設とは土木と建築に大別される

  02 土木には官庁工事と民間工事がある

  03 土木の設計は建設コンサルタントが担う

  04 土木の維持管理で道路、トンネル、橋梁を守る

  05 建築には公共工事と2種の民間工事がある

  06 建築物の維持管理で寿命を延ばす

  07 建築設計には意匠設計、構造設計、設備設計がある

  08 プラント建設は発電所や工場を造る

  09 デベロッパーとは都市開発者

  10 許可が必要な建設業の29業種

  11 ゼネコンと専門工事会社の違い

  12 技術者と技能者はここが違う

  13 共同企業体の制度の目的

  14 個人取得の資格とプロジェクトに必要な資格

Chapter3 工種と業種でわかる土木業の基本

  01 大きく6つに分かれる土木工事

  02 工場設備を造るプラント工事

  03 暮らしを支える公共土木工事

  04 民間土木工事は10種類ある

  05 土木の仕事に必要な資格

  06 ダムはこうして造る

  07 トンネルはこうして造る

  08 橋はこうして造る

  09 道路、堤防はこうして造る

  10 上下水道はこうして造る

  11 港湾・空港の建設と維持

  12 世界トップクラスの日本の土木技術

Chapter4 工種と業種でわかる建築業の基本

  01 素材と構造から見る建築工事

  02 戸建て住宅工事の種類と特徴

  03 建築設備工事とは

  04 建築費の相場とは90

  05 建築の仕事に必要な資格

  06 市街地再開発事業、土地区画整理事業の流れ

  07 建築工事の設計から完成までの流れ

  08 戸建て住宅工事の流れ

  09 超高層ビルはこうして建てる

  10 ビルがまっすぐ建って倒れないわけ

Chapter5 建設業界の仕事とプロジェクトに必要な資格

  01 公共団体の仕事〜発注者の役割〜

  02 インフラ関連企業の仕事〜電力・ガス・鉄道・高速道路会社〜

  03 土地開発事業者の仕事〜デベロッパー〜

  04 土木設計の仕事〜建設コンサルタント〜

  05 建築設計の仕事〜建築士〜

  06 大手ゼネコンの仕事〜施工管理技術者〜

  07 地方ゼネコンの仕事〜施工管理技術者〜

  08 専門工事会社の仕事〜技能者〜

Chapter6 建設業に関わる法制度や政策とその対応策

  01 業界の秩序を守る「建設業法」

  02 人々が安心して住める建物を造る「建築基準法」

  03 品質を担保する「公共工事品確法」「住宅品確法」

  04 現場で働く人の命を守る「労働安全衛生法」

  05 廃棄物の正しい処理に関する「廃棄物処理法」

  06 廃棄物を減らす「建設リサイクル法」

  07 空気を守るさまざまな法律

  08 騒音・振動・悪臭を減らすさまざまな法律

  09 環境を守るその他の法律

  10 国土を守る「国土強靭化基本法」

  11 公平な競争を図る「総合評価方式」

  12 人手不足を解消する「担い手三法」

  13 公共工事の基本である「公共工事標準請負契約約款」

Chapter7 建設業界の現状と課題

  01 建設物の老朽化に対するメンテナンス

  02 建設物の品質問題

  03 高速道路にはどんな効果があるのか

  04 普及率79.3% 下水道整備の遅れ

  05 河川整備の遅れと洪水の発生

  06 空港・港湾整備の現状

  07 林道整備の遅れに伴う森林未整備問題

  08 建設労働者の労働環境

  09 建設業界にも働き方改革推進

  10 労働災害への対策

  11 中小建設会社の事業承継問題

  12 海外工事の現状と課題

Chapter8 建設業界を支える最新技術

  01 ICTの導入による土木業務の効率化「ICT土工」

  02 舗装、地盤改良にも利用されるICT

  03 UAV(ドローン)を用いた測量の普及

  04 3Dレーザースキャナを用いた測量の普及

  05 3Dプリンターで構造物を3次元化

  06 BIM、CIMデータによる見える化

  07 AIの推進による情報の共有化

  08 ARを活用した建設現場の自動化

  09 コンクリート規格の標準化の取り組み

  10 耐震、制震、免震技術で地震から命を守る

Chapter9 建設業界の展望

  01 リニア中央新幹線は最新技術の粋を集める

  02 海外工事ならではのリスクとは

  03 コンセッション方式によるコストダウン

  04 災害から国土を守る建設業

  05 木造で高層ビルをどう建てるのか

  06 無人化、機械化施工は人手不足の解決策

  07 外国人とともに建設を推進する

  08 ダイバーシティを推進して開かれた建設業界を創る**

商品レビュー(2件)

総合評価
 

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:美容・暮らし・健康・料理

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      本当の自由を手に入れる お金の大学
      本当の自由を手に入れる お金の大学

      両@リベ大学長

      1,540円(税込)

    2. 2
      【入荷予約】10秒で顔が引き上がる 奇跡の頭ほぐし
      【入荷予約】10秒で顔が引き上がる 奇跡…

      村木宏衣

      1,430円(税込)

    3. 3
      スマホ脳
      スマホ脳

      アンデシュ・ハンセン

      1,078円(税込)

    4. 4
      10年かかって地味ごはん。
      10年かかって地味ごはん。

      和田明日香

      1,430円(税込)

    5. 5
      ストップペイル ファンシーBOOK
      ストップペイル ファンシーBOOK

      1,980円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ