現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > マーケティング・セールス > マーケティング
コマースマーケティング10のキーワードで楽しく学ぶリテールDX

コマースマーケティング 10のキーワードで楽しく学ぶリテールDX [電子書籍版]
山川 茂孝

2,200(税込)

商品情報

商品説明

内容紹介

コマースマーケティングとはなんでしょうか?

インターネット上で商品を売買することをECといいます。そしてECのマーケティングをECマーケティング、あるいはEコマースマーケティングといいます。

Eコマースマーケティングでは、オンラインでマーケティングや販促活動を展開します。そのため、販売データ、顧客データ、その他各種ログ、販促データが大量に収集・統合されビッグデータを形成します。Eコマースマーケティングは、このビッグデータを駆使したマーケティング活動と考えることができます。

メール、SNS、パーソナライズページ、オンラインとオフラインの融合が進むと、リアル店舗での商品販売にもEコマースのノウハウが活用できるようになってきます。もはやEコマースの「E」は余計で、オンラインでもオフラインでも同じようにテクノロジーを活用したマーケティングが有効であると言えます。そこで、データとテクノロジーを活用したマーケティング、販促活動を「コマースマーケティング」と呼ぶことにします。


コマースマーケティングの重要性が増しているのは、消費者の買い物行動の急激な変化に起因しています。新型コロナがもたらした買い物行動のオンライン化は、リアル店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進めるきっかけとなりました。リアル店舗はもはやリアルだけでない。そのような新しい買い物環境において、企業はどのようなマーケティング活動をすべきか? それを追求するのがコマースマーケティングのミッションとなります。

データとテクノロジーを活用したマーケティングは、デジタルマーケティングとしてとらえるのが一般的ですが、オン・オフの垣根を超えて動き始めた消費者の「買い物行動」にフォーカスしている点がコマース

マーケティングの特徴です。

本書は激動する消費者の買い物行動の変化をとらえ、理解するきっかけとして、コマースマーケティングに関係する重要な、の10個のキーワード(EC、サブスク、クラウドファンディング… など)について解説します。

【目次】

パート I:爆走するEC、ビジネスチャンスか? 単なる妄想か?

第 1 章 間違いなく増えた、日常使いのEコマース

第 2 章 新規事業立ち上げの新しい形、クラウドファンディング

第3章 EC時代の“つながる”ビジネスモデル、サブスクリプション

第4章 実演販売はECでも健在、ライブコマース/動画コマース

第5章 「ECサイトで売る」からの脱却、ヘッドレスコマース


パート II:デジタル化するリアル、リテールDXの最前線

第6章 コロナとマイナが後押し、日本のキャッシュレス決済

第7章 広がるプラットフォーム販促、アプリ販促

第8章 新型コロナで現実味が増した、BOPIS、OMO

第9章 デリバリー戦争で脚光、ギグワーカー

第10章 CRMの新しい形、サーキュラー・エコノミー


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ