地球に住めなくなる日「気候崩壊」の避けられない真実

地球に住めなくなる日 「気候崩壊」の避けられない真実 [電子書籍版]
デイビッド・ウォレス・ウェルズ

2,090(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポン&ポイントプレゼント
初めての方へ クーポン&ポイントプレゼント

紙書籍版も取り扱ってます!

楽天Kobo 電子書籍版 地球に住めなくなる日 「気候崩壊」の避けられない真実 2,090円
紙書籍版 地球に住めなくなる日 2,090円

商品基本情報

  • 著者:   デイビッド・ウォレス・ウェルズ
  • 訳者:   藤井留美
  • 発売日:  2020年03月14日
  • 出版社:  NHK出版
  • 商品番号:  4470818130000
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

知られざる「戦慄の未来」を明らかに。話題騒然の警告の書。


平均気温が4℃上昇した世界はどうなるのか?

現状の二酸化炭素排出ペースが続けば、今世紀末までに平均気温が4℃上昇するという予測が現実味を帯びてきます。4℃の上昇で、下記のことが起こります。


・地球規模の食料危機が毎年発生する。

・酷暑関連の死者が全体の9パーセント以上を占める。

・複数の気象災害が1か所で同時発生することが増え、損害は世界全体で600兆ドルに達する。

・紛争や戦争が倍増する。


現状での「最良の予測」とされる2℃であっても、4億人が水不足に見舞われ、北半球でも夏の熱波で数千人の死者が出るとされています。しかももっと早くその世界が訪れるかもしれません。温暖化がもたらすものは海面の上昇だけではありません。殺人的な熱波、大規模な洪水・山火事、深刻な大気汚染、経済破綻、気候戦争など、さまざまな脅威が複雑に絡みあい、壊滅的な状況へと向かわせるのです。本書で描かれるのは、温暖化が進むとどうなるかの具体的な世界です。人々の生活や、社会、政治、経済の変化がリアルにあぶり出され、「最悪の未来」が訪れたらどうなるのか実感できるでしょう。戦慄の未来を回避するために残された時間はわずかです。著者は警鐘を鳴らすとともに、エネルギーおよび輸送システム、農業・工業などの面から、大転換を遂げるために何をすべきかを提言、より良い未来へと希望をつなげます。

商品レビュー(14件)

総合評価
 4.17

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 電子書籍のお得なクーポン・キャンペーン

  • 人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪人気コミックや最新の雑誌など!今すぐ読める無料作品をご紹介♪
  • もっと見る

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ