現在地
トップ > 電子書籍 > 科学・医学・技術 > 医学・薬学 > 医学

ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言 [電子書籍版]
長谷川 和夫

1,430(税込)

商品情報

  • 著者:   長谷川 和夫猪熊 律子
  • 発売日:  2019年12月27日
  • 出版社:  KADOKAWA
  • 商品番号:  4338946900300
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

認知症の権威が認知症になって、ようやくわかったことがある。認知症の人が見ている世界、認知症の歴史、超高齢化社会を迎える日本の選択など、この1冊でわかる認知症のすべて。


商品レビュー(111件)

総合評価
 4.00

楽天Koboのレビュー(4件)

  • 認知症への恐怖がうすれました
    銀河に抱かれて
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2023年10月26日

    介護職員初任者研修の講座を受講していますが、その講座の先生がすすめてくれた本でした。認知症のことを全く興味をもって学んでいなくて何も知らなかったので、本にもある通り、家族がなっても、自身がなっても「なったら人としておしまい、お先真っ暗」の恐怖しかありませんでした。読み進めていくうちに、まわりの理解や協力を得ることができたなら、人として生きぬけるんだということが伝わってきました。長谷川先生の人並み外れた愛と優しさに何度か涙がでました。

    0人が参考になったと回答

  • (無題)
    豆太2021
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2022年10月29日

    認知症の事が知りたくて、長谷川先生の事を知り購入しました。周囲の方達の力を借りながら仕事をこなして行く姿、いつもと変わらない生活スタイル、出来ないと決めつけず助けを借りながらでも、こなしてもらう事も必要なんだなと感じる作品でした。

    0人が参考になったと回答

  • セール中でした
    購入者さん
    評価 5.00 5.00
    投稿日:2021年01月05日

    あの長谷川式(HDS-R)を作成した長谷川先生が認知症となり、新たな気づきを綴っています。
    私自身この本を読むまで、自分が認知症になったら「もうおしまい」と捉えていました。しかし、周囲の関わりや環境によっては、尊厳のある自分らしい生活が可能とする事を明らかとしています。誰もが訪れるであろう認知症への恐怖が軽減されました。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ