現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > 証券アナリスト
日経平均4万円時代最強株に投資せよ!

日経平均4万円時代最強株に投資せよ! [電子書籍版]
今井澂

1,430(税込)

  • 発行形態:
  • 電子書籍

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   今井澂
  • 発売日:  2021年04月26日
  • 出版社:  フォレスト出版
  • 商品番号:  5290486680082
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

■日経平均4万円時代に、どの銘柄に投資すればいいのか?


2021年2月15日、日経平均株価が3万84円15銭と30年半ぶりに3万円の大台に。

そして、著者の今井氏がこれからの相場は大きく上昇し、

2023年中には日経平均株価が4万円を超えると予測しました。


そこで緊急出版として、日経平均が4万円を超えてくる材料と、

どんな銘柄が伸びていくのかを開示してもらったのが本書です。


これから株価が上昇する理由は6つあります。


理由その1 新型コロナウイルスによる日本の落ち込みが少なかったこと

理由その2 ファーウェイを排除したこと

理由その3 世界の投資家が日本株を保有する比率が高まっていくこと

理由その4 世界3大銀行なかで日本銀行の資産の伸び率が突出していること

理由その5 新興国の高成長の恩恵にあずかれること

理由その6 株価の移動平均線でゴールデンクロスが起きたこと


本書ではその理由を解説していますが、理由その6のゴールデンクロスとは、

移動平均線の10年線が20年線を上抜けたことです。


その逆の10年線が20年線を下抜けたデッドクロスは2001年4月に発生しました。

つまり、移動平均線の20年線が10年線を超えていた20年、

言い換えれば「失われた20年」がようやく終わりを告げたことを意味しているのです。


これは日経平均史上初の出来事で、長期でも短期でも買いのサインが発生したの

です。


■マネースクエアのチーフ・テクニカルアナリスト宮田氏との対談掲載


元モルガンスタンレー証券のアナリストで、

2020年11月からマネースクエアのチーフ・テクニカルアナリストとして活躍する宮田直彦氏。

宮田氏のテクニカルの柱はエリオット波動と呼ばれるものです。


エリオット波動とは、アメリカのアナリストであったラルフ・ネルソン・エリオット氏がつくったテクニカル分析で、

1987年のブラックマンデーを事前に予測していたことから一気に注目を浴びました。


エリオット波動は1から5までの上下の波動があり、もっとも株価が上昇した第3の波は、日本の高度経済成長に当たります。

そして、2008年からはIT産業革命の第5の波動に入っており、

これが現在の上昇の波に当たります。


いっぽうで、コンドラチェフ循環で見ると、日本経済は第2循環まで終わっており、

2008年頃から第3の上昇循環が始まっています。

つまり、株価は上昇するしかなく、これが第5波のスーパーサイクルへと突入したことを示しているといいます。

なおかつ、今井氏も宮田氏も円安を予測しており、この円安が株価を押し上げていきます。



本格的に日本株に投資する時がやってきたのです。


■目次

・序章 日経平均がNYダウを抜く日


・第1章 実体経済が悪いのに、なぜ株高なのか?


・第2章 ある相場の達人が見つけた「炭鉱のカナリア」


・第3章 外国人投資家たちの世界マネーが日本に流れる理由


・第4章 今、どんな銘柄を買うべきなのか?


・第5章これからの日本の相場を読む【今井澂・宮田直彦対談】


・第6章 それでも注意すべき、5つの相場の落とし穴


付録 2021年秋までに私が注目する銘柄

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ