現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ > ファンタジー
飛ぶ夢をしばらく見ない

飛ぶ夢をしばらく見ない [電子書籍版]
山田太一

671(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   山田太一
  • シリーズ名:  飛ぶ夢をしばらく見ない
  • 発売日:  2013年06月21日
  • 出版社:  小学館
  • 商品番号:  4322120840001
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

時間を逆行し生きる女性と中年男の愛の日々。


数ある山田太一の小説作品の中でも、初期の最高傑作。骨折で入院中の主人公・田浦の病室に列車事故にあった患者が運び込まれる。衝立ごしに出会った女性患者・睦子との不思議な一夜から、信じられない物語が始まる。主人公が再会した彼女は「若返って」いたのだ。老女から少女、そして幼女へ、さらには……。彼女は自らの若返りを止める術を持たない。二人はいつか訪れる関係の終焉を予感しつつも、互いを愛おしみ、逢瀬を重ねる。

商品レビュー(8件)

総合評価
 3.0

楽天Koboのレビュー(1件)

  • 最後拍子抜け・・・
    購入者さん
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2019年02月08日

    設定自体は、「原因不明で若返る老婆と中年男性の逢瀬」なので、
    一種のSF・ファンタジーの設定なのだが、
    単に逢瀬のやりとりを描いただけで、最後は拍子抜け。
    なぜ若返ったのか、その説明がない。
    SF/ファンタジー路線の小説で必ずあるはずの、
    お約束の「謎解き」や「説明」がない。
    単に老婆が若返り、
    最後に受精卵以前に若返って消えるのを予想させて、それで終わり。
    最初の事故の予知夢は謎解きの伏線か…と思って読んでいたが、
    伏線にあらず。
    単にこんな不思議なことが起こるので、
    老婆が若返っても不思議はない・・・という、
    具体的には何の関係もないこじつけ。
    若返りには何の関係もない導入部分。
    最後まで謎解きはなく、
    老婆が若返るたびに行われる逢瀬の台詞が延々と続く。
    逢瀬を描きたかったのだろうが、逢瀬の魅力もイマイチ・・・
    イマイチだが最後に凄い種明かしがあって、
    きっとそれが素晴らしいのだろうと期待して読んでいたが、
    最後まで何もなし。
    ラブロマンスとしても小説としてもイマイチ、
    SF・ファンタジーとしても、何とも後味の悪い小説だった。

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      薬屋のひとりごと 10
      電子書籍薬屋のひとりごと 10

      日向 夏

      374円(税込)

    2. 2
      薬屋のひとりごと 11
      電子書籍薬屋のひとりごと 11

      日向 夏

      374円(税込)

    3. 3
      護られなかった者たちへ
      電子書籍護られなかった者たちへ

      中山七里

      858円(税込)

    4. 4
      そして、バトンは渡された
      電子書籍そして、バトンは渡された

      瀬尾まいこ

      800円(税込)

    5. 5
      月が導く異世界道中6
      電子書籍月が導く異世界道中6

      あずみ圭

      1,265円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ