現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ > ホラー
大地母神(マグナ・マータ)の贄

大地母神(マグナ・マータ)の贄 [電子書籍版]
朝松健

770(税込)

商品情報

  • 著者:   朝松健
  • 編集:   松本寛大
  • 発売日:  2022年12月06日
  • 出版社:  アドレナライズ
  • 商品番号:  4920800002047
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

逆宇宙……それこそは比良坂が生涯を賭けて戦っている忌わしい存在、観念とも実在とも知れぬ次元よりの侵入者


 彼等は廊下の暗がりより現れた人物に気づいてハッとした様子だった。黒革のトレンチ・コートを羽織った長身の男、比良坂天彦だ。比良坂はイルゼの眼を睨み据えていたが、やがて懐より奇怪な十字架を取り出し、イルゼの眼前に差し出した。それは頭に球体をいただいた十字架であった。「私は、お前の名を知っているぞ! キュベレー!!」比良坂は大声でそう叫んでいた。(「大地母神(マグナ・マータ)の贄」より)

 前衛心理学者にして逆宇宙ハンター・比良坂天彦が初登場した表題作の他、文芸誌・同人誌へ寄稿したホラー短篇を厳選。巻末には本作の監修を担当した松本寛大による解説文を収録。電子オリジナルの作品集。


*大地母神(マグナ・マータ)の贄

*三十一人座

*老水夫の呪い

*幽霊マンション

*弧の増殖

*ミッドナイト・ドクター

*屍臭

*超自然におけるラヴクラフト

*地下のマドンナ

*魔猫


●朝松健(あさまつ・けん)

1956年札幌生まれ。東洋大学卒。出版社勤務を経て、1986年『魔教の幻影』でデビュー。ホラー、伝奇など、幅広い執筆活動を続けている。2006年『東山殿御庭』が第58回推理作家協会賞短編部門の候補となる。近年は室町時代に材をとった幻想怪奇小説〈室町ゴシック〉、一休宗純を主人公とした〈一休シリーズ〉、かつて誰も書かなかった〈異形の戦場〉と化した京都を描いた『血と炎の京』で高い評価を得ている。


監修:松本寛大(まつもと・かんだい)

ミステリー作家。2009年、『玻璃の家』(講談社)でデビュー。映画・小説批評も手がける。『北の想像力』(寿郎社)に「朝松健『肝盗村鬼譚』論」を執筆。「クトゥルフ神話TRPG」ソースブックに寄稿。


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】成瀬は天下を取りにいく
      【入荷予約】成瀬は天下を取りにいく

      宮島 未奈

      1,705円(税込)

    2. 2
      天官賜福 3
      天官賜福 3

      墨香銅臭

      2,255円(税込)

    3. 3
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    4. 4
      白鳥とコウモリ(下)
      白鳥とコウモリ(下)

      東野 圭吾

      880円(税込)

    5. 5
      白鳥とコウモリ(上)
      白鳥とコウモリ(上)

      東野 圭吾

      880円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ