現在地
トップ > 電子書籍 > ビジネス・経済・就職 > 証券アナリスト
新NISAで始める!年間240万円の配当金が入ってくる究極の株式投資

新NISAで始める!年間240万円の配当金が入ってくる究極の株式投資 [電子書籍版]
配当太郎

3位 証券アナリスト部門 楽天ブックス週間ランキング(2024年06月10日-2024年06月16日)ランキングを見る

1,760(税込)

商品情報

商品説明

内容紹介

8万部突破のヒット作『年間100万円の配当金が手に入る最高の株式投資』の第2弾!今作は、新NISAだからこそできる、年間240万円の配当金を手に入れる方法を具体的に、わかりやすく解説します!2024年1月から新NISA(少額投資非課税制度)がスタートしましたが、この新たな制度は配当株投資と親和性が高く、相性は抜群です。本書がめざす「年間240万円の配当金」というのは、単純計算で1カ月当たり20万円の配当金が入ってくることを意味しています。毎月の給料や年金の他に、月々20万円の収入があれば、私たちの生活は格段にラクになりますから、筆者はこれを配当株投資の「理想郷」と考えています。年間240万円(月20万円)の配当金を得る場合、単純計算で6000万円以上が必要になりますが、配当株投資には、企業による「増配」という強い味方が存在します。増配とは、株を買った企業が利益を上げて、株主に分配する配当金を増額することを指します。優秀な増配企業に投資を続けていけば、年間240万円の配当金を得るための新規投資額は、6000万円の2分の1や3分の1以下に圧縮することが可能です。本書では、注目に値する22の「増配銘柄」をピックアップして、現在の「稼ぐチカラ」はもちろん、将来における成長性への期待値をお伝えします。それと合わせて、「どのような組み合わせで株を買い進めればいいのか?」に着目して、手堅く鉄板を狙う「四天王」型や、「利回り重視」型など、4つの理想的な組み合わせパターンも紹介します。株式投資に絶対はありませんが、しっかりと戦略と戦術を立てて取り組めば、多少の凸凹はありながらも、着実に利益を積み重ねていくことができます。そこが配当株投資の魅力であり、最大の持ち味だと考えています。


商品レビュー(4件)

総合評価
 3.50

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ビジネス・経済・就職

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      エブリシング・バブル 終わりと始まり
      電子書籍エブリシング・バブル 終わりと始まり

      エミン・ユルマズ

      1,870円(税込)

    2. 2
      わが投資術 市場は誰に微笑むか
      電子書籍わが投資術 市場は誰に微笑むか

      清原達郎

      1,782円(税込)

    3. 3
      DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール
      電子書籍DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる…

      ビル・パーキンス

      1,683円(税込)

    4. 4
      会社四季報プロ500 2024年 夏号
      電子書籍会社四季報プロ500 2024年 夏号

      1,620円(税込)

    5. 5
      嫌われる勇気
      電子書籍嫌われる勇気

      岸見一郎

      1,320円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ