現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 社会
「黒い雨」訴訟

「黒い雨」訴訟 (集英社新書) [電子書籍版]
小山美砂

1,056(税込)

商品情報

  • 著者:   小山美砂
  • レーベル:  集英社新書
  • シリーズ名:  「黒い雨」訴訟
  • 発売日:  2022年07月22日
  • 出版社:  集英社
  • 商品番号:  4820000269584
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

**【第66回JCJ賞受賞!】**なぜ、被爆者たちは切り捨てられたのかーー。


広島の原爆投下から70年以上を経て、ようやく語られ始めた真実の数々。

「黒い雨」による被ばく問題を記録した、初めてのノンフィクション。


----------


原爆投下直後、広島に降った「黒い雨」。

多くの人がその放射線を帯びた雨による深刻な健康被害に苦しめられていながら、「被爆者」と認めて救済する制度はなかった。

雨を浴びた住民らは国に援護を求めて訴訟提起したが、解決までの道のりは長く険しいものだった。

なぜ、国は黒い雨被爆者を切り捨てたのかーー。


本書は当事者の歩みをたどるとともに、米軍の被害軽視に追従した国の怠慢、非科学的な態度をあぶり出していく。

戦後70年以上を経て、ようやく語られ始めた真実の数々。

「黒い雨」による被ばく問題、その訴訟の全容を記録した初めてのノンフィクション。


----------


なぜ、黒い雨被爆者は戦後七五年余りもの間、置き去りにされてきたのか。

そこには、被ばくの影響を訴える声を「切り捨てる」論理があった。

これに疑義を唱え、被ばくを巡る救済のあり方を問うたのが、「黒い雨」訴訟だった。

黒い雨被爆者がなぜ、どのように切り捨てられ、そして何を訴えて援護を勝ち得たのか。

本書は、黒い雨被爆者が「切り捨てられてきた」戦後を記録した、初めてのノンフィクションである。

その記録は長崎で、福島で、そして世界中で今も置き去りにされている放射線による被害者を救う道しるべになると確信している。

(「序章 終わらない戦後」より)


商品レビュー(1件)

総合評価
 

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 7月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 7月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために 観心本尊抄(第2版)
      電子書籍世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために…

      創価学会教学部

      719円(税込)

    3. 3
      職場を腐らせる人たち
      電子書籍職場を腐らせる人たち

      片田珠美

      935円(税込)

    4. 4
      オードリーのオールナイトニッポン in 東京ドーム 公式余韻本
      電子書籍オードリーのオールナイトニッポン in 東…

      オードリー

      2,420円(税込)

    5. 5
      大白蓮華 2024年 6月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 6月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ