現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 文学
松本清張「隠蔽と暴露」の作家

松本清張 「隠蔽と暴露」の作家 (集英社新書) [電子書籍版]
高橋敏夫

748(税込)

電子書籍初めての方限定!条件達成でポイント20倍
楽天Kobo初めての方へ!条件達成でポイント20倍

商品情報

商品説明

内容紹介

社会全体に陰鬱な雰囲気がひろがりつつあるこの時代に、松本清張が再び求められている。本書は清張の表現の核にあった「隠蔽と暴露」の方法をたどる。そして、清張の作品をとおして、わたしたちが日常で感じる社会や国家への「疑い」を称揚し、そこにひそむ秘密を見抜く方法を明らかにする。戦争、明るい戦後、政界、官界、経済界、社会的弱者、宗教など、清張が精力的に描いたテーマは多くあるが、戦後最大の隠蔽装置ともいえる「原子力ムラ」にふみこまなかった清張の謎にも迫る。 【目次】はじめに 松本清張がよみがえる/第I部 松本清張、人と方法/第一章 松本清張とは誰か/第二章 「隠蔽と暴露」という方法/第II部 隠蔽する力に抗う試み/第一章 戦争 『球形の荒野』、『半生の記』、『黒地の絵』/第二章 明るい戦後 『ゼロの焦点』、『砂の器』、『顔』/第三章 政界、官界、経済界 『点と線』、『けものみち』、『黒革の手帖』/第四章 普通の日常、勝者の歴史 『或る「小倉日記」伝』、『父系の指』、『無宿人別帳』/第五章 暗い恋愛 『天城越え』、『波の塔』、『強き蟻』/第六章 オキュパイドジャパン 『小説帝銀事件』、『日本の黒い霧』、『深層海流』/第七章 神々 『黒い福音』、『昭和史発掘』、『神々の乱心』/第八章 原水爆、原子力発電所 『神と野獣の日』、『松本清張カメラ紀行』、「幻の作品」/おわりに 松本清張とともに/主要参考文献


商品レビュー(3件)

総合評価
 3.33

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング(2022年08月08日 - 2022年08月14日)

     電子書籍:第-位( - ) > 人文・思想・社会:第3080位(↑) > 文学:第386位(↑)

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      22世紀の民主主義
      電子書籍22世紀の民主主義

      成田 悠輔

      990円(税込)

    2. 2
      ミニマリストゆみにゃんのお金のつくりかた
      電子書籍ミニマリストゆみにゃんのお金のつくりかた

      ゆみにゃん

      1,540円(税込)

    3. 3
      死なばもろとも
      電子書籍死なばもろとも

      ガーシー(東谷義和)

      1,485円(税込)

    4. 4
      大白蓮華 2022年 8月号
      電子書籍大白蓮華 2022年 8月号

      大白蓮華編集部

      188円(税込)

    5. 5
      熔ける 再び そして会社も失った
      電子書籍熔ける 再び そして会社も失った

      井川意高

      1,584円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ