現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ
掟上今日子の鑑札票

掟上今日子の鑑札票 [電子書籍版]
西尾維新

1,540(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   西尾維新
  • シリーズ名:  忘却探偵
  • 発売日:  2021年04月21日
  • 出版社:  講談社
  • 商品番号:  4310000153511
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

推理力を奪われた今日子さんのため、相棒・厄介(やくすけ)が奔走!

シリーズ最大の敵にどう挑む? タイムリミットミステリー!


「天井に書かれていた文字。あれを書いたのは私だ」


殺人未遂事件の容疑者にされた青年・隠館厄介。

いつも通り忘却探偵・掟上今日子に事件解決を依頼するも、

その最中、今日子さんが狙撃されてしまう。

一命を取り留めた彼女だったが、最速の推理力を喪失する。

犯人を追う厄介の前に現れたのは、忘却探偵の過去を知る人物だったーー。

商品レビュー(10件)

総合評価
 3.77

楽天Koboのレビュー

  • (無題)
    ジャバ1016
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年05月31日

    記憶喪失を忘れるというトリッキーな流れで、今日子さんの過去を垣間見える感じがあります。 しかし、それが真実なのかどうなのか…。 いずれにせよ、厄介と今日子さんの距離が近づいている感じは、なんとはなしに甘いというか懐かしい感じがします。 今後の展開に期待しています。

    0人が参考になったと回答

  • テーマは入れかわり
    nobumasa8801
    評価 4.00 4.00
    投稿日:2021年04月22日

    今回のテーマは、先日放送されたドラマ『天国と地獄』と同じ、『入れかわり』でしょうか?
    尾道のあの原作まで登場しました。
    ミステリーではありますが、推理ドラマ、もとい推理小説ではありませんでした。
    『ありえない』が途中までの感想。
    そして、章が進んでくると、
    西尾維新センセ、まさかこのまま筆を折って、沖縄の土に埋めてしまうのではと心配させたり、
    今日子さん、やっぱり別の物語のあの人なのかと思わせたり、
    入れかわりと思わせるキャラが物語の中で活躍していました。
    厄介君が阿良々々木君に入れかわっていたなら、その真相がわかったかもしれない・・・
    失礼、々が一つ多かった・・・わざとです(^_-)-☆
    センセ、是非あとがきのお約束を守ってください
    よろしくお願いします

    0人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】聖域
      【予約】聖域

      コムドット やまと

      1,430円(税込)

    2. 2
      【予約】私が見た未来 完全版
      【予約】私が見た未来 完全版

      たつき諒

      1,200円(税込)

    3. 3
      【予約】#母であり私である 子育ての最強幸福論
      【予約】#母であり私である 子育ての最…

      紅蘭

      1,540円(税込)

    4. 4
      漁港の肉子ちゃん
      漁港の肉子ちゃん

      西加奈子

      660円(税込)

    5. 5
      【予約】【サイン本】飢渇の人 エドワード・ケアリー短篇集
      【予約】【サイン本】飢渇の人 エドワー…

      エドワード・ケアリー

      2,310円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    関連する商品(紙書籍版)

    このページの先頭へ