現在地
トップ > 電子書籍 > ホビー・スポーツ・美術 > ゲーム・クイズ
最速で敵陣突破!角換わり早繰り銀

最速で敵陣突破!角換わり早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS) [電子書籍版]
大石直嗣

1,525(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   大石直嗣
  • レーベル:  マイナビ将棋BOOKS
  • 発売日:  2020年06月11日
  • 出版社:  マイナビ出版
  • 商品番号:  5700000003086
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


角換わりで分かりやすく勝とう!


プロで大流行している角換わり。


「角換わりを指してみたいけど、角換わり腰掛け銀は難しそう・・・」と思っている方も多いのではないでしょうか?


角換わり腰掛け銀は変化が多岐にわたりますし、先手番でもあえて手損したり、一手一手の意味が難しすぎます。


そこでおススメしたいのが角換わり早繰り銀。


角換わりの中でも先手番のアドバンテージを分かりやすく生かした、より積極的な指し方となります。


▲4六銀と出て、▲3五歩△同歩▲同銀と仕掛ける。仕掛け方はこの1種類しかありません。


そして、この仕掛けの前に▲5八玉と上がるのが令和の角換わり早繰り銀です。


この手の発見によって、プロ間でもその優秀性が見直され、トップ棋士も多く採用する戦法になりました。


なによりいいところは分かりやすさ。早繰り銀で勝てるなら腰掛け銀を覚える必要はありません。そして攻め切って勝ったときの気持ち良さは他の戦法では得られないものがあります。


本書はこの角換わり早繰り銀を得意とする大石直嗣七段が基本からプロの最新形までを解説した一冊。


この本を読めば自信をもって角換わりが指せるはずです。


●目次

第1章 相早繰り銀

第2章 vs腰掛け銀

第3章 vs右玉

第4章 vs一手損角換わり

第5章 実戦

おさらい次の一手

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:ホビー・スポーツ・美術

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ