現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 哲学・思想 > その他

人は「死後の世界」をどう考えてきたか (角川学芸出版単行本) [電子書籍版]
中村 圭志

990(税込)

この商品が関連するクーポン・キャンペーンがあります(1件)

※エントリー必要の有無や実施期間等の各種詳細条件は、必ず各説明頁でご確認ください。

商品情報

  • 著者:   中村 圭志
  • レーベル:  角川学芸出版単行本
  • 発売日:  2018年03月22日
  • 出版社:  KADOKAWA
  • 商品番号:  4337432100300
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

人は死ぬとどうなるのかーー。文学や神話、諸宗教の死の教えなどを引きながら、人がどのように「死後の世界」を捉えてきたのかをていねいに読み解く。輪廻、冥界、天国、地獄、終末思想など、さまざまなバリエーションの「死」や「死後」についての概念をみていきながら、最終的に現代の「死生観」につながる、「一人称の死」(自分の死)と「二人称の死」(親しい者の死の悼みや供養)、「三人称の死」(人類は死にどう対処してきたか)の三つの次元での「死」にも迫る。 また、仏教的でも儒教的でもあり、そのどれでもないような日本人の死生観や葬儀、臨死体験言説、ニューエイジ、ファンタジーの中の死生観など、宗教の権威が薄くなった近現代の来世観をひもとく。はじめに〜いつも曖昧であった「死後の世界」第1章 古代ギリシャ・ローマの冥界第2章 古代オリエントの死後と終末の世界第3章 キリスト教における地獄・煉獄・天国の完成第4章 インドの輪転生と解脱のロジック第5章 大乗仏教と東アジアの来世観ーー極楽往生から幽冥界まで第6章 現代へーー来世観の解体と多様化おわりに〜死と死後について語るために


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      大白蓮華 2024年 4月号
      電子書籍大白蓮華 2024年 4月号

      大白蓮華編集部

      224円(税込)

    2. 2
      書いてはいけない
      電子書籍書いてはいけない

      森永卓郎

      1,540円(税込)

    3. 3
      世界は経営でできている
      電子書籍世界は経営でできている

      岩尾俊兵

      935円(税込)

    4. 4
      赤と青のガウン
      電子書籍赤と青のガウン

      彬子女王

      2,200円(税込)

    5. 5
      ある行旅死亡人の物語
      電子書籍ある行旅死亡人の物語

      武田惇志

      1,760円(税込)

    1. 1
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    2. 2
      ある行旅死亡人の物語
      ある行旅死亡人の物語

      武田 惇志

      1,760円(税込)

    3. 3
      日本人が知らない! 世界史の原理
      日本人が知らない! 世界史の原理

      茂木誠

      2,090円(税込)

    4. 4
      ありえない仕事術 正しい“正義”の使い方
      ありえない仕事術 正しい“正義”の使い方

      上出遼平

      1,650円(税込)

    5. 5
      増補改訂版 霊能一代
      増補改訂版 霊能一代

      砂澤たまゑ

      1,980円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ