現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ > 小説 > 歴史小説
つわものの賦

つわものの賦 (文春学藝ライブラリー) [電子書籍版]
永井路子

1,500(税込)

商品情報

  • 著者:   永井路子
  • レーベル:  文春学藝ライブラリー
  • 発売日:  2021年09月01日
  • 出版社:  文藝春秋
  • 商品番号:  4390000006553
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代、

鎌倉武士たちのリアルな姿を描き出した面白さ抜群の傑作歴史評伝。


「ここで私は、大小いくつかの作品で扱ってきた鎌倉時代に対する一つの決算書を書いた。」(あとがきより)


『炎環』『北条政子』で鎌倉幕府成立の時代を小説として描いた後も、

『吾妻鏡』を何度も読み返し、この時代を【大きな変革の時代】として位置付けてきた永井路子氏。

その盛り上がりの中核にあるのは、外からの力でも、源頼朝個人の挙兵ではなく、

東国武士団の行動として捉えた時、歴史的な意義が明確に見えてくる。

本書は、永井氏が鎌倉時代を扱った一連の小説の原点であり、帰結でもある。


序章  嵐の中への出発   治承四年八月

第一章 中世宣言      三浦義明の場合

第二章 空白の意味するもの 上総広常の場合

第三章 功名手柄      熊谷直実の場合

第四章 東国ピラミッド   源平合戦の意味

第五章 「忠誠」の組織者  梶原景時の場合

第六章 大天狗論      東国対西国

第七章 奥州国家の落日   征夷大将軍とは何か

第八章 裾野で何が起ったか 曽我の仇討ちにひそむもの

第九章 血ぬられた鎌倉   比企の乱をめぐって

第十章 雪の日の惨劇    三浦義村の場合

第十一章 承久の嵐     北条義時の場合

あとがき


※この電子書籍は一九八三年七月に文藝春秋より刊行された文庫版を底本としています。


商品レビュー(5件)

総合評価
 4.50

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      成瀬は天下を取りにいく
      成瀬は天下を取りにいく

      宮島 未奈

      1,705円(税込)

    2. 2
      小説 葬送のフリーレン
      小説 葬送のフリーレン

      八目 迷

      880円(税込)

    3. 3
      成瀬は信じた道をいく
      成瀬は信じた道をいく

      宮島 未奈

      1,760円(税込)

    4. 4
      天官賜福 3
      天官賜福 3

      墨香銅臭

      2,255円(税込)

    5. 5
      【入荷予約】赤と青のガウン
      【入荷予約】赤と青のガウン

      彬子女王

      1,320円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ