現在地
トップ > 電子書籍 > 科学・医学・技術 > 自然科学全般

サイバー世界戦争の深い闇 デジタル革命がもたらす可能性と未知の脅威 [電子書籍版]
和戸川 純

520(税込)

  • 発行形態:
  • 電子書籍

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   和戸川 純
  • 発売日:  2021年09月29日
  • 出版社:  渡辺
  • 商品番号:  1230005186037
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

スマートフォンなどのコンピューター端末が、社会のあらゆるところに入り込んでいる。デジタル化された情報の収集、解析、伝達、応用が加速され、人々は、社会でも家庭でも、情報インフラの進歩に追いつくのに精一杯だ。世界中の端末がインターネットで結ばれ、人工知能化しつつあるが、そのことの可否を論議する余裕はない。本書では、文明史観に立って、ネット社会の大きな可能性と、それと裏腹の危機を複合的かつ俯瞰的に論じている。


世界中の金融機関から、約500億円を盗んだ犯罪組織がある。FBIなどが捜査しているが、組織の特定はできていない。庶民には驚くほど巨額な窃盗だが、アメリカ、中国などがやっている正規サイバー軍のサイバー攻撃に比べれば、大したことがない。


2013年に世界に衝撃が走った。中国人民解放軍が、世界中の個人、企業、政府機関に対して大規模なサイバー攻撃を加えていることを、アメリカの情報セキュリティ会社が公表した(マンディアント報告)。また、アメリカの国家安全保障局が、個人、企業、国家首脳、政府機関を標的にした、大規模な極秘諜報活動を行っていることを、元CIA職員のスノーデンが暴露した。


サイバー空間では、防御よりも攻撃のほうが圧倒的に有利だ。身元不明の個人や組織が、多様な意図のもとにうごめいている。プロのサイバー兵士が、機密情報窃取やインフラ破壊などの攻撃を他国に加えている。最大の脅威は、原子力発電所の爆発と核ミサイルの暴発だ。


インターネットの個人ユーザーも日常的に攻撃されている。日本だけでも、年間80億回を超えるサイバー攻撃を受けている。個人情報を盗まれたり、攻撃者が最終標的に攻撃を加えるための、踏み台にされている。多くの場合、ユーザーは攻撃されていることに気づかない。


状況は予断を許さないが、人々が情報インフラの中で起こっているできごとを理解し、問題に適切に対処すれば、被害を超える利益を得ることができる。人工知能化したコンピューター・ネットワークが、人類の文明を先へ進めるような大きな影響を、人間社会に与えることを期待できる。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・医学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      もしあと1年で人生が終わるとしたら?
      電子書籍もしあと1年で人生が終わるとしたら?

      小澤竹俊

      1,320円(税込)

    2. 2
      人は話し方が9割
      電子書籍人は話し方が9割

      永松茂久

      1,540円(税込)

    3. 3
      思い通りに人を動かすヤバい話し方
      電子書籍思い通りに人を動かすヤバい話し方

      Dr.ヒロ

      1,320円(税込)

    4. 4
      時間は存在しない
      電子書籍時間は存在しない

      カルロ・ロヴェッリ

      2,090円(税込)

    5. 5
      世界のビジネスエリートが知っている 教養としての茶道
      電子書籍世界のビジネスエリートが知っている 教…

      竹田理絵

      1,650円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ