現在地
トップ > 電子書籍 > 小説・エッセイ
水から水まで

水から水まで (シングルカット) [電子書籍版]
北野勇作

280(税込)

  • 発行形態:
  • 電子書籍

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

  • 著者:   北野勇作
  • レーベル:  シングルカット
  • 発売日:  2017年11月06日
  • 出版社:  惑星と口笛ブックス
  • 商品番号:  1230001990232
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

水から水まで   北野勇作


惑星と口笛ブックス シングルカットシリーズ第二作。


 北野勇作は日本のSFを代表する作家の一人であり、短篇の名手です。最初から独自の道を歩いてきた作家でもありますが、この作品は、どこか夏目漱石の「夢十夜」や内田百間の「冥途」の系統を繋ごうとするようなものにも見えます。そうです、北野勇作は今後は日本文学もついでに前に進めようとしているのです。

「水」「曲」「穴」「釜」「波」「蛇」「星」「石」「水」九篇の掌篇が織りなす仄暗く静かな世界へようこそ。


「星」抜粋


* かあんっ。

 ふいにそんな音が聞こえた。

 反射的に身を起こし、音が聞こえた方向を見る。

 かあん、かあん、かあん、かあん。

 さっきの音から少し間をおいて、同じ音が連続して鳴り始める。

 なんだ、踏み切りの警報機か、となぜかほっとしてそのあと、なぜほっとしたのだろう、と思う。

 列車の音が近づいてきているのがわかる。それにしても、こんな時刻に列車が来るのか。まあ貨物とか夜行とか、そんなのもあるか。そこまで考えたところで、音だけだということに気がつく。

 警報機は鳴っているが、赤い光の点滅はない。そして、さっきの街灯の白い光もないことに気がつく。ある時刻が過ぎると、街灯は消されてしまうのだろうか。しかし、通過する列車がまだあるのなら、消したりはしないのでは。

 あれこれ考えている間も、がたごんがたごんと列車が通過していく音は聞こえ続け、そのままかたとこん、かたとこん、と遠ざかっていく。

 いちど音が止まってから、かあん、かあん、とゆっくりと二回鳴って、それで沈黙した。

 遠くに小さく町の灯が見える。*


表紙画像作成は四畳半書房のサイトウユカ。

400詰原稿用紙換算約55枚。

商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:小説・エッセイ

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【予約】私が見た未来 完全版
      【予約】私が見た未来 完全版

      たつき諒

      1,200円(税込)

    2. 2
      老いる意味
      老いる意味

      森村 誠一

      924円(税込)

    3. 3
      ハニオ日記 I 2016-2017
      ハニオ日記 I 2016-2017

      石田ゆり子

      1,980円(税込)

    4. 4
      【予約】太陽の子 GIFT OF FIRE
      【予約】太陽の子 GIFT OF FIRE

      樹島 千草

      682円(税込)

    5. 5
      出絞と花かんざし
      出絞と花かんざし

      佐伯泰英

      748円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ