現在地
トップ > 電子書籍 > 科学・医学・技術 > その他
生物はなぜ死ぬのか

生物はなぜ死ぬのか (講談社現代新書) [電子書籍版]
小林武彦

2位 その他部門 楽天ブックス日別ランキング(2021年07月29日)ランキングを見る

935(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

商品説明

内容紹介

【死生観が一変する〈現代人のための生物学入門〉!】

生命の死には、重要な意味がある。

遺伝子に組み込まれた「死のプログラム」とは?


なぜ、私たちは“死ななければならない”のでしょうか?


年を重ねるにつれて体力は少しずつ衰え、肉体や心が徐々に変化していきます。

やむを得ないことだとわかっていても、老化は死へ一歩ずつ近づいているサインであり、私たちにとって「死」は、絶対的な恐るべきものとして存在しています。

しかし、生物学の視点から見ると、すべての生き物、つまり私たち人間が死ぬことにも「重要な意味」があるのです。

その意味とはいったい何なのかーー「死」に意味があるならば、老化に抗うことは自然の摂理に反する冒涜となるのでしょうか。

そして、人類が生み出した“死なないAI”と“死ぬべき人類”は、これからどのように付き合っていくべきなのでしょうか。


■主な内容

・恐竜が絶滅してくれたおかげで、哺乳類の時代が訪れた

・宇宙人から見た「地球の素晴らしさ」とは

・地球上で最も進化した生物は昆虫である

・遺伝物質DNAとRNAの絶妙な関係

・「死」も、進化が作った仕組みである

・ヒトだけが死を恐れる理由

・“若返る”ベニクラゲの不思議

・超長寿のハダカデバネズミは、なぜがんにならないか

・ヒトの老化スピードが遅くなっている理由とは?

・「若返り薬」の実現性

・少なめの食事で長生きできる理由

・老化細胞は“毒”をばらまく

・テロメアの長さと老化は関係ない?

・生物学的に見ると、子供が親よりも「優秀」なワケ

・ヒトが生きる目的は、子孫を残すことだけではない

・“死なないAI”を生み出してしまったヒトの未来

・有限の命を持つからこそ、「生きる価値」を共有できる

・私たちは、次の世代のために死ななければならない

ーーすべての生き物は「死ぬため」に生まれてくる。


第1章 そもそも生物はなぜ誕生したのか

第2章 そもそも生物はなぜ絶滅するのか

第3章 そもそも生物はどのように死ぬのか

第4章 そもそもヒトはどのように死ぬのか

第5章 そもそも生物はなぜ死ぬのか

商品レビュー(14件)

総合評価
 3.82

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:科学・医学・技術

    ※1時間ごとに更新

    1. 1
      【入荷予約】空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑
      【入荷予約】空のふしぎがすべてわかる!…

      荒木 健太郎

      1,375円(税込)

    2. 2
      生物はなぜ死ぬのか
      生物はなぜ死ぬのか

      小林 武彦

      990円(税込)

    3. 3
      数学独習法
      数学独習法

      冨島 佑允

      1,100円(税込)

    4. 4
      ROADSTER BROS.(Vol.20)
      ROADSTER BROS.(Vol.20)

      2,300円(税込)

    5. 5
      ミニ四駆超速ガイド(2021-2022)
      ミニ四駆超速ガイド(2021-2022)

      990円(税込)

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ