現在地
トップ > 電子書籍 > PC・システム開発 > その他
C言語&MCCによるPICプログラミング大全

C言語&MCCによる PICプログラミング大全 [電子書籍版]
後閑哲也

3,740(税込)

商品情報

  • 著者:   後閑哲也
  • 発売日:  2023年03月18日
  • 出版社:  技術評論社
  • 商品番号:  9784297133658
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

(概要)

※この商品は固定レイアウトで作成されており,タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また,文字列のハイライトや検索,辞書の参照,引用などの機能が使用できません。※PDF版をご希望の方は Gihyo Digital Publishing ( https://gihyo.jp/mk/dp/ebook/2023/978-4-297-13365-8 )も合わせてご覧ください。

名著「C言語によるPICプログラミング大全」がさらに使いやすくなりました。

PICのプログラム開発のためには、統合開発環境である「MPLAB X IDE」が便利です。さらに、ここに組み込めるプラグイン「MCC(MPLAB Code Configurator)」を使えば、GUI操作でレジスタを設定したC言語のソースコードを作成してくれるので、いちいちレジスタの設定を調べる必要はありません。ただ、便利なツールなのに、あまりにも多機能すぎて、初心者はどこになにがあるのか、どう操作すればよいのかがわかりにくいというデメリットもあります。本書では、これらの使い方を詳しく解説します。

なお、初心者にとって、学習用ハードウェアの製作は少しハードルが高かったのですが、本書では既製品を活用することで、お手軽にPICマイコンの各種機能を試せるようにしました。

電子工作をマイコンボードで始めたけれど、そろそろ、PICマイコンが気になってきたなという方、また、これまではデータシートにくびっぴきでレジスタ設定コードを書いていたという方、最新のPICの新しい機能を試してみたい方にも、必ず役に立つ1冊です。


(こんな方におすすめ)

・PICマイコンの機能をつかいこなしたい方

・MPLAB X IDEやMCCの使い方がよくわからない方


(目次)

第1部 PICマイコンと開発環境の概要

第1章 マイコンとプログラミング

1-1 マイコンとは

1-2 マイコンのプログラムとは

1-3 2進数と16進数

1-4 マイコンの動かし方

第2章 PICマイコンの概要

2-1 F1ファミリの位置付けと種類

2-2 PIC16F1ファミリのアーキテクチャ

2-3 コアインデペンデントペリフェラル

第3章 ハードウェア開発環境の概要

3-1 ハードウェア開発環境概要

3-2 Curiosity HPCボード

3-3 Clickボード

3-4 ブレッドボード

第4章 ソフトウェア開発環境と使い方

4-1 ソフトウェア開発環境概要

4-2 ソフトウェアの入手とインストール

4-3 プロジェクトの作成

4-4 エディタの使い方

4-5 コンパイルと書き込み実行

4-6 実機デバッグの仕方

第5章 MPLAB X IDEの便利機能

5-1 MPLAB X IDEの便利機能

5-2 エディタの便利機能

5-3 デバッグ時の便利機能

第2部 MPLAB XCコンパイラの詳細

第1章 XCコンパイラの動作

1-1 コンパイル処理の流れ

1-2 プログラム実行時の環境

1-3 プリプロセッサの使い方

1-4 デバイスヘッダファイルの役割

1-5 pragma指示命令の使い方

1-6 コンパイラの最適化

第2章 XCコンパイラの仕様

2-1 準拠するC標準

2-2 変数のデータ型

2-3 定数の書式と文字定数

2-4 変数の宣言位置とスコープ

2-5 変数の型変換

2-6 標準入出力関数

第3章 割り込み処理関数

3-1 割り込み処理の流れとメリット

3-2 割り込み要因と許可禁止

3-3 割り込み処理の記述方法

第3部 MCCと内蔵モジュールの使い方

第1章 MCCの概要

1-1 MCCとは

1-2 MCCのインストール

1-3 MCCの起動方法

1-4 MCCを使ったプログラミング手順

1-5 自動生成されるコードとその関係

1-6 MCCによる割り込み処理の記述

第2章 システム関連の設定

2-1 コンフィギュレーションビットとその設定方法

2-2 マイコンの実行速度を決める

2-3 時間を高精度にしたい

2-4 クロック発振の監視をしたい

2-5 電源変動しても安定に動作させたい

第3章 LEDやスイッチを使いたい

3-1 入出力ピンとは

3-2 接続する入出力ピンを自由に選びたい

3-3 入出力ピンのオプション機能

3-4 入出力ピンの使い方の実際例

第4章 一定のインターバルで実行したい

4-1 長時間のインターバル動作をしたい? タイマ0の使い方

4-2 ゲート制御でパルス幅を測定したい? タイマ1/3/5 の使い方

4-3 正確なインターバル動作をしたい? タイマ2/4/6/8/10の使い方

4-4 長周期パルスの高精度測定をしたい? SMTタイマの使い方

第5章 パソコンやセンサと通信したい

5-1 パソコンと通信したい? EUSARTモジュールの使い

5-2 センサやLCDをデジタル通信で接続したい? I2Cモジュールの使い方

5-3 ICやセンサを高速で接続したい? SPIモジュールの使い方

5-4 センサを単線シリアル通信で接続したい

第6章 モータの速度制御やLEDの調光制御をしたい

6-1 パルス幅測定やPWM制御をしたい? CCPモジュールの使い方

6-2 Power LEDの調光制御をしたい? PWMモジュールの使い方

6-3 モータの速度制御をしたい? CWGモジュールの使い方

第7章 いろいろな種類のパルスを生成したい

7-1 広範囲の周波数のパルスを生成したい? NCOモジュールの使い方

7-2 信号を変調したい? DSMモジュールの使い方

7-3 特殊なパルスを生成したい? 16ビットPWMモジュールの使い方

第8章 消えないメモリにデータを保存したい

8-1 内蔵の消えないメモリを使いたい? EEPROMの使い方

8-2 内蔵のフラッシュメモリにデータを保存したい

8-3 外付けの大容量フラッシュメモリにデータを保存したい

第9章 センサなどの電圧や電流を扱いたい

9-1 センサなどの電圧や電流を計測したい? 10/12ビットADコンバータの使い方

9-2 ノイズを減らして電圧を計測したい? 演算機能付きADCCの使い方

9-3 音やセンサなどの瞬時電圧変化を知りたい? アナログコンパレータの使い方

9-4 交流信号の位相を制御したい? ZCDの使い方

9-5 任意の一定電圧を出力したい? 5/10ビットDAコンバータの使い方

9-6 センサなどの小さな電圧を増幅したい? オペアンプの使い方

第10章 その他の内蔵モジュールの使い方

10-1 内蔵モジュールの入出力を合成したい? CLCモジュールの使い方

10-2 極低消費電力にしたい ? スリープと間欠動作

10-3 プログラムの異常動作を知りたい? WDTの使い方

10-4 メモリ破壊の監視をしたい? CRCとSCANの使い方

第11章 ミドルウェアの使い方

11-1 SDカードにデータを保存したい? FATファイルシステムの使い方


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:PC・システム開発

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ