現在地
トップ > 電子書籍 > 美容・暮らし・健康・料理 > 生活の知識
束縛から自由な悟りへの旅路呪縛から逃れる発起、ゾーンの歓喜、静寂の境地、そしてワンネスへ

束縛から自由な悟りへの旅路 呪縛から逃れる発起、ゾーンの歓喜、静寂の境地、そしてワンネスへ [電子書籍版]
ワヤナタ

1,000(税込)

商品情報

  • 著者:   ワヤナタ
  • 発売日:  2024年02月28日
  • 出版社:  ワヤナタ
  • 商品番号:  1230007317545
  • 言語:  日本語
  • 対応端末:   電子書籍リーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ

商品説明

内容紹介

誰しもが何がしかに束縛されていると思います。それは物理的、あるいは精神的な束縛であったりします。最初はフィクションの物語で束縛の人生について軽く述べた後、如何にして自由になって至福と歓喜に包まれる人生に至ることができるのか、それを説明したいと思います。


物語において、彼もまた、精神的な束縛を受け、逃れられないかのように思い込まされる心理状態に落ち込んでいました。ここでは、それらの束縛のうち、自らの発起によって脱却できる種類のものを幾つか見ていきたいと思います。


そして、発起によって行動を開始し、精神性に目覚めてゾーンの歓喜に至り、静寂の境地、ワンネスへ至る階梯を説明したいと思います。


【もくじ】


インナーゲームの呪縛

インナーゲームの呪縛から逃れるための発起

無農薬と謳って普通の野菜を高く売る詐欺師

混乱するかどうか

心を混乱させること、それ自体が呪縛である

インナーゲームの束縛からの脱却と偽覚者との出会い

盲目の無知の状態からの脱却の過程

目覚めの度合い

操作・被操作の関係

の歓喜

瞑想

雑念

喜び

社会生活

感情的葛藤の度合い

見た目の印象

ワンネス

訓練・修行

短期目標

時系列

感情の安定(=アストラル界に相当)

ゾーンでは体の重さを忘れる。

脱力の世界

カーラナの世界(コーザル界、原因)

瞑想(ヨガ瞑想、サマーディ、マインドフルネス、ヴィパッサナー等)について

ゾーンでの激しい歓喜とその先の静かな歓喜

ヴィパッサナーを超えた瞑想で自我が戸惑う

マインドフルネスはダーラナではなくプラティヤーハーラ(制感)

ゾーンの歓喜と瞑想の階梯

プラティヤハーラ、ダーラナ、それぞれにプラトーが存在する

プラティヤハーラの段階にある数々の落とし穴

プラティヤハーラを超えられない流派は他派を拒否する

プラティヤハーラのレベルでは相手を自分の流派に変えさせようとする意思が働く

プラティヤハーラのレベルでは相手をコントロールする意思が働く

体の感覚の観察はサマタ瞑想でもありヴィパッサナー瞑想でもある

プラティヤハーラのレベルではサマーディをただの集中だと誤解する

静寂の意識の中に生きる

呼吸による瞑想状態(静寂の境地)への入り方

瞑想で集中(サマタ)すると観察(ヴィパッサナー)が現れる

瞑想をすれば普段の生活が楽になる

瞑想とは心の波を静かにすること

顕教の背後には密教があり密教の結果として顕教がある

瞑想的な観点における自己認識の階梯

瞑想は有から無、そしてまた有になる

極度の集中状態(ゾーン)にて歓喜が沸き起こる

ゾーンで歓喜に入り能力を高める

集中して歓喜を作り出すのが瞑想あるいは仕事においての基本

瞑想は雑多な感覚から無、そして有に至る

至福の感謝にはすぐには至らない

集中のゾーンで歓喜を感じて仕事やスポーツをするのが基本

仕事を喜びに満ちて遂行するのがスピリチュアルの基本

未だ感情の領域を卒業していない魂は真理を理論・理解、のように認識する

ゾーンの歓喜を超えて平静の無の境地へ

ゾーンと淡い至福の先にある無の境地

ゾーンと無の境地を超えたサマーディ(観察)状態

無の境地に浸ることを許さないナーダ音の顕現

瞑想でゾーンから無、静寂の境地からハイヤーセルフに至る階梯

スピリチュアルの5要素

スピリチュアルは理解と実践の繰り返し

毎日が幸せで楽しい日々を瞑想で実現する

日常の仕事でゾーンに入ることから幸せな日々を過ごす

ゾーンの歓喜から静寂と至福、そしてワンネスへ

ワンネスに至ると他の流派を認めるようになる

ハイヤーセルフの意識に目覚めて真理を理解する

ハイヤーセルフの意識に目覚めれば無念無想ではなくなる

理解だけでなく実際にアートマンに到達することが必要

ゾーンの歓喜という基礎を徹底する

マインドを一時的に抑え込む(無念無想)ことで高次の意識を目覚めさせる

静かに息を吐くことでハイヤーセルフを優勢にする

無念無想からハイヤーセルフの意識へ

ハイヤーセルフは割と別の意識として現れる

ハイヤーセルフに自らを委ねる

無念無想と観察(ヴィパッサナー)は矛盾しない

思考のマインドと本来のヴィパッサナーでは次元が異なる

ハイヤーセルフは高次で意思表示および行為をする

基礎がないと修行や勉強をしてもなかなか成長しない

ヨーガの知識とスピリチュアルの知識が繋がる

エゴ(自我)が真実に目覚めると真我(ハイヤーセルフ、プルシャ)と合一する

低いレベルのゾーンと高いゾーン

エゴ(ジーヴァ)とハイヤーセルフ(真我、プルシャ)の合一

同じグループソウルの分霊によるサポート(付き添い)

意識体(オーラ、ハイヤーセルフ)(の一部)が抜ける(ウォークアウト)、追加で入る(ウォークイン)

葛藤によるハイヤーセルフの分離

至福を超えて感激と感謝の涙に至る

あとがき


(約16万文字)


商品レビュー

楽天Koboのレビュー

まだレビューがありません。 レビューを書く

楽天ブックスランキング情報

  • 週間ランキング

    ランキング情報がありません。

  • 日別ランキング

    ランキング情報がありません。

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ