現在地
トップ > 電子書籍 > 人文・思想・社会 > 宗教・倫理 > その他
ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 (集英社ビジネス書) [電子書籍版]
石角完爾

3位 宗教・倫理部門 楽天ブックス日別ランキング(2021年07月25日)ランキングを見る

1,188(税込)

楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント
楽天Kobo初めての方へ!クーポンプレゼント

商品情報

商品説明

内容紹介

お金と強運を引き寄せるユダヤ5000年の叡智。ユダヤ人社会の根幹をなす口伝律法「タルムード」由来の説話の数々を、国際弁護士で自らユダヤ教に改宗した著者が紹介し、世界の現状に即して解説。サバイバルの極意が、タルムード哲学にある。【目次】はじめにーータルムードに満載されているサバイバルの知恵/第一章 お金を引き寄せるユダヤ哲学/第二章 タルムードの知恵をビジネスに活かす/第三章 すべてを捨てる覚悟が道を拓く/あとがきにかえて

商品レビュー(28件)

総合評価
 3.79

楽天Koboのレビュー(6件)

  • (無題)
    yanc2929
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2021年01月12日

    YouTubeの某チャンネルより、タルムードの解説の際に本書より抜粋されていたために
    他の逸話を知りたくて購入したものの、
    その逸話と逸話の間に「ユダヤ人は良し、日本人は悪し」という作者の一面的な私見がいちいち挿入されてくる。
    「日本人」という大きな主語をまず腐す姿勢が読んでいて癇に障るので最終的には逸話以外は斜め読みとなりました。
    収録されているタルムード逸話集は一見の価値ありですが、
    その解説も偏った解釈がなされているかも、と考えると
    結局、本書以外の関連書籍も目を通さないとバランス取れない気がするので
    わざわざ本書を1冊目に選ばなくても良いと思いました。
    タルムード★5
    筆者の高説★-4

    2人が参考になったと回答

  • (無題)
    ぷっちんぷりん55
    評価 1.00 1.00
    投稿日:2020年11月11日

    つまらないので2章でやめた。本書の記述には、日本人は劣等民族で、ユダヤ人は優等民族であるというナチス顔負けの差別に満ち満ちている(日本人という箇所を黒人・ジプシーなどと入れ替えてみれば自明)。本の題名を「ユダヤ人となった日本人の我が闘争」などした方がよい。

    2人が参考になったと回答

  • 謝った宗教のとらえ方とタルムードの価値
    秀策先生
    評価 2.00 2.00
    投稿日:2021年04月27日

    タルムードの話は楽しめるので良い部分としよう。
    ただ、作者の解釈で論理が崩壊して矛盾を呈している部分が散見される。
    この作者の宗教観を一方的にうのみにしてはならないという良い学びになった。
    もしかしたらこの作者は勝手に宗教を解釈しているのやもしれぬ。その点については注意を払う本

    1人が参考になったと回答

楽天ブックスランキング情報

楽天Kobo電子書籍版

  • 期間限定!イチオシのキャンペーン

最近チェックした商品

    ※表示を削除したい場合は閲覧履歴のページから削除お願いいたします

    ランキング:人文・思想・社会

    ※1時間ごとに更新

    購入データ自動連携!楽天ブックス公式 無料 読書管理パプリ Readee

    このページの先頭へ